スポンサーリンク
カテゴリー:"文具"

万年筆の書き心地を擬音で表現すると

語彙力が乏しいので、万年筆の書き心を擬音で表現してみることにしてみました。

よくあるカリカリとか、スラスラってやつですね。さて、伝わるかな?

続きを読む »

国産万年筆の字幅とペンポイントとインクフロー

万年筆の、特にペン芯からニブにかけての構造(というか機能)は、基本的にはどのメーカーも同じなわけですが、それ故にメーカーごとの哲学の現れる部分でもあると思うんです。

続きを読む »

万年筆のキャップはネジ式が良い!

万年筆というのはキャップを外して使うものではありますが、できればネジ式のキャップががいいよね。と思うのですよ。

続きを読む »

セーラー万年筆 プロフィット21 万年筆 MF

このところ国産万年筆の F の字幅がなんとなく細い気がするものの、かと言って M では太いような・・・。と感じることが多いブログ主です。

ついでにペン先は、程よく柔らかい方が良いんですけど・・・。というワガママに添って物色した結果、セーラー万年筆のプロフィット21に手を出してみました。

続きを読む »

ナカバヤシ「Artnavi e・万年筆」は使い捨て?

大須の栗田商会の1階で、見慣れない万年筆を見つけたので買ってきちゃいました。

続きを読む »

インクを入れた万年筆は立てておくべきか?寝かせておくかべきか?

とは言うものの、実際は「寝かせておく」のが正解だと思うんですけどね。

続きを読む »

ロディア No13 が想像以上に良かった

ある程度の期待はありつつも、でも、そこまでの期待はしてなかったのよね。という、微妙な感じで使い始めたロディアの No13 ですが、想像以上に良かったみたいで、気がついたら結構なペースで消費していました。

正直なところ、ここまで使うとは自分でも思ってなかったので、ちょっとビックリです。

続きを読む »

ぺんてる の プラマン と トラディオ プラマン は似ているようでぜんぜん違った!

「ぺんてるのプラマン、いいよ~!」という話を見かけたので、買ってきたのですが、実は「いいよ~」と紹介されているのはたいてい「トラディオ プラマン」方だったので、そっちも買ってきて比べてみました。

続きを読む »

ロディアの紫の罫線が見づらかったので、白ロディアにしてみた

なんとな~く便利に使えそうだったので、ロディアの No.13(方眼)を買ってきたのですが、実際に使ってみると思っていた以上に書いた文字が読みにくく感じたんです。

罫線の色が濃いから? 紫だから? なのかは分かりませんが、これには参りました。

続きを読む »

万年筆に合うインクを探すという楽しみ

万年筆を使う楽しみの1つには、「好みの万年筆に好きなインクを入れて使える」というのがあると思っているのですが、困ったことに万年筆とインクには相性があるんです。

相性が悪いとどうなるかというと、すぐにインクが出なくなったり、逆にインクが出すぎて線が想像以上に太くなったりするんですよね。

続きを読む »

スポンサーリンク

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク