スポンサーリンク

筆圧を低くする万年筆選び

万年筆を使う上で気をつけないといけないのが筆圧です。

というのも、あんまり筆圧が高いとペン先を壊しかねないからなんです。

逆に筆圧が低い場合のデメリットってあるの? となると、これが思いつかないんですよ。良いことばっかりで。

まず書き心地が良くなるでしょ、ペンポイントの摩耗も緩やかになるし。ていうか、万年筆って自重だけで書けちゃう筆記具ですから、そもそも筆圧って必要ないくらいなもんです。

とはいえ、なかなか抜けないのが筆圧だったりするのも事実でして、トレーニング方法としては、丸めたティッシュやスポンジのボールなんかをペンと一緒に握って、潰さないように書くと筆圧を下げやすいようです。

でもね、必然的に筆圧が下がる(下げざるを得ない)万年筆というのもあったりするんです。

軸の太い万年筆

まず1つ目は、軸の太い万年筆です。

軸が太い万年筆というのは、実は握りにくいんですよ。

それでいいの? と思われるでしょうが、それでいいんです。

握りにくいという事は、力が入りにくい(入れにくい)ので、結果として筆圧も下がる。というか、実際には筆圧をかける事が難しくなる感じです。

また、力を入れにくいという事は、逆に言えばしっかり握り込む必要がないわけで、慣れてしまえば非常に楽に書ける万年筆とも言えそうです。

お手頃価格のモノとしては、プラチナ万年筆のプロシオンなんか良いのではないでしょうか? 軸の太さだけでなく、ペン先が乾きにくいスリップシール機構と、インク級入口を持つペン芯も装備していて、機能性もバッチリですしね。

軟調ニブの万年筆

2つ目は軟調ニブの万年筆です。

パイロットのペン先で言うと、SF とか SFM とか SM とかフォルカンとかエラボーとか。プラチナ万年筆だと細軟ですかね。

万年筆初心者向用としては「止めといた方がいい」と言われる軟調ニブですが、分かっていれば鬼のような筆圧矯正ギブスになってくれます。

というのも、軟調というだけあって、ちょっと筆圧をかけただけで撓るんですよ。クニッと。

僕も1本持ってますが、これが怖いのなんのって。油断すると筆圧でペン先を曲げちゃいそうで、めっちゃ緊張します。

この軟調ニブのペン先を撓らせずに書くためには、筆圧を抜くしか無いわけです。

でも、ちょっと軟調ニブで書いた後でいつものペンに持ち替えると、驚くほど筆圧が抜けてるんです。いや、マジで。

それから軟調ニブは紙へのタッチが非常に柔らかいので、「な~んか書き心地が硬いなぁ」と感じた時の気分転換にも最適です。

おわりに

手段として見ると、万年筆を買い足さないといけないのでお財布へのダメージはありますが、こういう普段使いとはちょっと違う万年筆が1本あると、万年筆ライフも更に豊かになるというものですよね。

もっとも、これがきっかけで太軸万年筆とか、軟調ニブ万年筆にハマってしまう。という罠もあるような気もしますが、それもまた楽しみのひとつということで・・・。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク