スポンサーリンク

濃い万年筆用 黒インク 4選

細字の万年筆というのは多くの場合、インクのフローが絞ってあるものですが、フローが絞ってあるがためにインクの色が薄く見てたりもします。

でも、細字でもくっきりと濃く書きたいんですよ。

というわけで、いろいろなインクを試した結果、以下の4つのインクにたどり着きました。

セーラー万年筆 ブラック

国産万年筆メーカーの黒インクの中では一番濃いんじゃないかな? コストパフォーマンスが圧倒的に良いのも Good!

舶来の万年筆と比べると、同じ EF でも一段階り細い字幅になる国産メーカーだけあって、インクフローは良好です。

ただ、他のインクに比べると、書いた線がちょっと太く出るかな? という気がします。

ラミー クリスタルインク オブシディアン

色としては確かに黒なんだけど、その実際はめっちゃ濃い緑というオシャレさん。ブログ主、一番のお気に入りです。

乾いた後もなんとなくツヤのある色合いで、まさに黒曜石という感じ。

ただしペン先が乾きやすいインクなので、万年筆との相性によっては書き出しでインクが出て来ないことも・・・。

カヴェコ ブラック

微妙に赤みを帯びているように感じる優しい色合い。他のインクと比べると、書いた線がやや細く出るような気がします。

濃い細い線がお好みなら、試してみる価値アリですぞ。

ちなみにですが、英語での色名は pearl bkack となっており、直訳すると「真珠の黒」なんですよね。日本語的には黒真珠の黒ということでしょうか? 優しい色合いはこちらの名前に起因してるのかも。

ファーバーカステル 伯爵コレクション カーボンブラック

とにかく黒! ザ・黒!! という色合い。ちょっとベタッとした線になる気がしないではないものの、濃い! くっきり! という意味ではブログ主的には一等賞。

インクのフローが良好なのも、これまた Good!

ただ、インクの乾きはちょっと遅めなので、気になる人は気になるかも・・・。

ちなみに名前は カーボンブラック ですが、染料インクです。

最後に

濃い黒インクってだけなら、インク専業メーカーの製品にもっとあるみたいではありますが、入手のしやすさから今回は万年筆メーカーのもので揃えてみました。

それから、細字の万年筆でもインクのフローが良いもの(例えばプラチナの万年筆とか)であれば、そこまで気にしなくても濃く書けるんですけどねぇ。

インクと万年筆の関係(相性)というのは、ひたすらに奥が深いものですなぁ。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク