スポンサーリンク

万年筆にインクが馴染むには時間がかかる

万年筆なんて、そうポンポン買えるわけでもないし、一度インクを決めたらボトルが空になるまで洗浄なんてしないから、すっかり忘れてたのですが、万年筆とインクが馴染むのには、ちょっと時間がかかるんですよね。

だから、新品や洗浄した万年筆にインクを入れた直後に、「あれ? なんかフローが悪い気がする」と思っても、ちょっと待って。

しばらく我慢して使ってると、あ~ら不思議。フローが安定してくる。なんてことがあるわけですよ。

じゃぁ、どのくらい我慢すればいいかって話なのですが、僕の乏しい経験からすると、期間としては3日くらいかな。

さらにカートリッジ1本分のインクを書ききれば、まぁ、だいたい落ち着いて来るのかなと。

それでも塩梅が悪いとなると、万年筆とインクの相性が悪いのかな? ということも考えられるわけで、僕の場合だと「インクを変えてみるか」となるわけですが・・・。

なんとなくですが、国産メーカーのインクは概ねフローが良くて、舶来のメーカーだとフローが辛い物もぼちぼちあるような。という気がしてまいす。

この辺は万年筆の字幅も関係しているのかな?

基本的に同じ太さの表記でも、国産万年筆の方が字幅は細いですからねぇ。

細くてもちゃんと書けるようにと考えると、当然、フローが良くないと書けなくなっちゃいますからね。

話が横道にそれましたけど、インクがペンに馴染む時間も待てないようでは、人生に余裕がないのかなぁ? とも思ったりして。

万年筆とはね、もうちょっとゆったりと付き合っていきたいものだよなぁ。

と、ちょっと反省。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク