スポンサーリンク

ファインライナーという選択肢

ボールペン、万年筆と使ってきて、ふと思ったんです。

筆圧をかけずにペン先の向きとか角度も気にしないで、それでいて濃く書ける筆記具はないものかと・・・。

で、思いついたのがファインライナーです。

ファインライナー。日本ではあまり聞かない呼称(名称?)ではありますが、要はサインペンですね。

ヨーロッパのメーカーだとモンブランにはローラーボール(水性ボールペン)のリフィルと互換のある製品があるみたいです。後はシュミットのリフィルとか?。実際にお目にかかったことはありませんけど。

で、おじさん的にその手の製品というと、真っ先に思い浮かぶのがサクラクレパスのピグマです。

というわけで、早速ハンズにGO! してきたわけですが、同様の製品っていろいろあるんですね。

店頭に並んでたものだけでも

  • サクラクレパス ピグマ
  • パイロット ドローイングペン
  • Too コピック マルチライナー
  • ステッドラー ピグメントライナー

とあって、どれも水性顔料インクでかな~りいい感じ。おまけにパイロットのドローイングペンには油性インクのラインナップもありました。

つか、家に帰ってから調べてみたら、フリクションのファインライナーというものもあるみたいです。

まだちゃんと調べてないけど、他メーカーも含めて、もっといろいろあるのかも。

各製品ともラインナップとしては、芯の太さが 0.1mm 以下の物から 1.0mm くらいまで幅広く揃ってたり、ペン先が筆っぽくなってる物もあったりと、筆記具と言うよりも画材に近い扱いなのかな? という気がします。

あとね、同じように見えてメーカー毎に芯の硬さが違うようで、微妙に書き味が違うのが面白かったです。これは一通り揃えて書き比べてみるのも楽しそう。

でもビジネスシーンで使うことは(ほとんど)考慮されてないみたいで、どれも軸がね、イケてないと言うか、オシャレではないわけで、そこがあと一歩かな? と思ってたら。

ピグマには金属軸化するための「ピグマホルダー」なるものがあるようです。いわゆるペンジャケットという物になるかと思うのですが、これがなかなかカッコイイわけでして、サクラクレパスやるな! というところ。

とりあえず1本買ってきたのでしばらく使ってみて、自分に合うかとか、使用頻度とか、いろいろ見極めていきましょうかね。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク