スポンサーリンク

買っちゃった! 「セーラー万年筆 プロフェッショナルギア 万年筆 F」

前々から欲しい欲しいと思っていたセーラー万年筆の「プロフェッショナルギア」、通称プロギアをようやく手にする事ができました。

私、デザイン的に言えば、万年筆は両端が平らというか、ストンと切り落とされてる形が好きなんです。その方がなんとなくスマートな気がするんですよ。

ちなみにですが、両端が丸いタイプのデザインをバランス型、平らなタイプをベスト型と言うんだそうです。モンブランとペリカンを想像すると分かりやすいかもですね。

そんな好みもあって、ベスト型のプロフェッショナルギアはかな~り欲しかったわけです。

ついでに言うと、ベスト型の万年筆って天冠に装飾がある事も多くて、プロフェッショナルギアにもしっかりとイカリマークが入っています。かっこいい。

そしてニブでございます。

ブログ主も大好き! バイカラーニブでございます。とてもかっこいいい!

しかもセーラー万年筆オンリーワンの21金ですよ! おまけに大型ニブですよ! とてもステキでございます!!

実を言うと、プロギアは金トリムと銀トリムでバイカラーのパターンが違うんですよ。芸コマというか、購入者(の選択)泣かせと言うか・・・。

どちらもかっこいいから困ります。

今回買ったのは銀トリムモデル(クリップ等が銀色をしてる方)なので、ニブは銀地に金のバイカラーになります。

これが金トリムモデルになると金地に銀のバイカラーと、逆パターンになります。

そしてペン芯です。

なんかニブの端ギリギリまで、目一杯ペン芯です。なんとなく強そう。

そうそう、そういえばですが、プロギアってちょっと軸が短いんですね。

プラチナ万年筆のプレジデントと比べると、ちょうど尾軸のところが切れてる分、長さにすると 1cm弱ですが、短くなっています。

キャップを尾軸にはめて(ポストして)使う分には問題ないのですが、キャップをポストしない派の人にはこの短さは、もしかしたら持ちにくく感じるかも。もちろん手の大きさとか、持ち方にもよりますけどね。

軸の長さと言えば、プロギアにはプロフェッショナルギアΣという姉妹モデルがありまして、こちらの方は軸がちょっとだけ長いんだそうです。

クリップとか天冠の装飾が違うだけかと思ってましたが、地味にそんなところにも違いがあったとは。パッとは分かりませんて。

カタログスペックによると、プロフェッショナルギアは全長 129mm、対してプロフェッショナルギアΣは 135mm なんだとか。たかが 6mm されど 6mm っすなぁ。

まだまだ買ったばかりなので、書き味云々という話にはなりませんが、しっかりと使い込んでいきたいと思います。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク