スポンサーリンク

万年筆は撫でるように書くべし

万年筆の初心者向けの記事を読んでると、たいてい「筆圧はかけないようにしましょう」という内容が出てきます。

その筆圧をかけない対策としては「力を抜いて持ちましょう」とか「軽く握りましょう」というのがあるわけですが、そう言われてもですねぇ、長年染み付いた癖というか習慣はなかなか抜けません。

始めのうちは気をつけて軽く握ってても、書いてるうちに強く握ってるってなんて事はよくあるわけですよ。

かく言う僕も、万年筆を使ってると「あれ? 僕って筆圧高い?」って思うことがよくありますから。

じゃぁ、どうするのか? ってところなのですが、握り方ではなく書き方に気をつけてもいいんじゃないかなと。

どういう風に書くかと言うと、ペン先で紙を撫でるように書くんです。

万年筆は紙とペン先が接触してさえいればインクが乗るわけですから、これでも十分なわけです。

感覚としては、赤ちゃんとかの肌をやさしく撫でるような感じですかねえ。

これならペンを強く握ってても気をつけることができますし。ペン先にも優しいのではないかなと。

そうは言っても気がつけば・・・。というのはよくあるのですが、握りを緩めるよりは調整しやすい気がします。

お試しあれ。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク