スポンサーリンク

ヨーロッパタイプのカートリッジが使いたくてダイソーの100円万年筆を買ってみた

欧州統一規格(ヨーロッパタイプ)のカートリッジが使えるお値打ちな万年筆を探していたのですが、ダイソーの万年筆が使えるっぽいという話を聞きまして、とりあえずは買ってきました。

なんてったって税抜100円ですからね。気楽にチャレンジできるってもんです。

でも、なんか、普通にいいんですけど。これ。

買ってきたのは軸が白いモデルなのですが、試しにノートの上に転がしてみたところ、パッと見で安っぽくないんですよ。これはデザインの妙かなぁ。

そしてニブです。ここもなんか装飾が彫り込んであって、安っぽくないですよ。刻印は BRILLO となってました。メーカー名でしょうか?

お次はペン芯です。僕はペン芯の良し悪しは分かりませんが、丸い所に 3 と刻印されてるのが残念な以外は普通といった感じ。

で、カートリッジです。付属で1本ついてきてたものと、ファーバーカステルのカートリッジを並べてみました。

奥が付属品で、手前がファーバーカステルです。

このカートリッジをね。使ってみたかったわけですよ。

だってボトルインクってそれなりにお値段がするじゃないですか。インクの色を試したい場合、カートリッジがあるならそっちで試した方が安上がりなんですよね。

それでインクが気に入ったら、後からボトルで買えばいいじゃない! というわけです。

並べて比べてみると差込口の形状が微妙に違いますが、あとはそっくりです。

これなら何とかなるんでね? と、力任せにグッと差し込んだところ・・・

入りました。

カートリッジの場合、ペン先にインクが届くのにちょっと時間がかかるので、カートリッジのお腹をもみもみして、インクを送り出してやるとちょっとは早く書けるようになります。

というわけで、準備ができたので書いてみました。インクはファーバーカステルのミッドナイトブルーで、紙はコクヨのキャンパスノートのA罫です。

で、書いてみた感想ですが、これが拍子抜けするほど普通に書けちゃいます。字幅は M(中字)だそうですが、国産の万年筆の M な感じ。少なくとも舶来メーカーの M ではないわなぁ。

しかし、ここまで普通に書けるとは。

もちろん鉄ペンですから、硬いは硬いんですけどね。でも、引っかかりがあるとか、妙にザラザラしてるとか、というわけでもなくて、「えぇ~!?」って感じで普通でした。

バカにしてたわけじゃないですが、なんてったって 100円ですからねぇ。ちょっとはアレゲな感じを予想(想像?)するじゃないですか。

それが、ねぇ。とりあえずはいい意味で裏切られましたよ。

いや、ホントに。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク