スポンサーリンク

TOTONOE の レポートパッドホルダー A5 を導入してみた

社内のミーティングとかディスカッションの時に使うノートを A5 のレポートパッドに一本化することにしたので、合わせて TOTONOE(トトノエ)のレポートパッドホルダーを導入してみました。

というのもレポートパッドってそのまま持ち歩こうとすると、バサバサというかバラバラして落ち着きがないじゃないですか。

レポートパッドを手に持って移動するなら、やっぱりホルダーは必須でしょう。

というわけで、まず開封してみると、5mm方眼のレポートパッドが1冊ついてました。

そのレポートパッドを外してみると以下な写真の感じ。

右側はレポートパッドの台紙(?)を差し込むスリットが一箇所あるだけという、シンプルな構造です。でもこのシンプルさが良いんですよ。

だって、下が凸凹してたら終わりの方の紙に書く時にいろいろ往生しそうじゃないですか。

逆の左側は斜めのスリットが2つ入っています。個人的には短い方のスリットは左下にあった方が便利じゃないかという気もしたりしますが・・・

2つのスロットを使って1枚の紙を挟み込むと考えると、コレで良いのかも。

で、パタンと閉じるわけですね。

ふむふむ。

この状態で、厚みはだいたい 8mm くらいでしょうか。手にするとちょっと薄い? かな? という感じ。

素材はPPフィルム貼りの上質紙とのことで、人によってはちょっと滑りやすく感じるかも。(同じデザインで革の製品もあるのですが、ちょ~っとお高かったです)

あ~、でもセットするレポートパッドをもちょっと厚いやつにすれば、また印象も変わるかも。

で、購入の決め手となったのかコレ! 表紙を360度折り返せるんです。

立ったまま使うときの使い勝手はもちろんですが、机の上でも表紙を折り返せるのとそうでないのとでは、専有面積が倍半分違いますからね。

ある意味レポートパッドホルダーの最重要機能と言っても過言ではないでしょう。

ちなみになんですが、A5 のレポートパッドホルダーって、Webで調べてもあんまりヒットがなくて、「どうしたもんかいなぁ」と思ってたんです。

でも ロディア No16 用のカバーで探すとそれなりに見つかったりするんです。ロディア No16 って、サイズ的には A5 と同じだそうで、互換があるんだとか。

なるほどね。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク