スポンサーリンク

僕が万年筆を使うようになったわけ

万年筆を使うようになって約3ヶ月が経ちました。で、どのくらい使ってるかと言いますと、家での書き物の9割以上を万年筆で書くようになっちゃいました。

そもそもは油性ボールペンのペン先にできるインク溜まり(ボテというらしいです)が気になるというか、気に入らないというか、許せなくて、別の筆記具を探してて万年筆にたどり着いたんですけどね。

いや~、自分でもびっくりです。

手間はかかるし、気も使うしで、どう考えても筆記具としてはボールペンの方が優秀なのは間違いないんですけどね。それでも万年筆を手に取ってしまうんですよ。

ちなみにローラーボール(水性ボールペン)は裏抜けが気になったのと、線がどうしても太くなるので、使ってはみましたけどお蔵入りになっちゃいました。

また、ゲルインクのボールペンはある意味で最強ではあるものの、ワクワクするような軸に巡り会えてないのでスルー状態だったりします。

で、万年筆のどの辺が良いかと言うとですねぇ。まずは手のかかるところがいいんです。

洗ったりとか、インク入れたりとか。

この辺は道具感覚というよりもおもちゃ感覚ですね。いじれるのが楽しいわけです。

次に書き味です。

もっとも、書き味については製品の特性とか個体差とか、インクとの相性とか個人の好みとか、いろいろあるとは思いますけど、たしかに万年筆ならではの書き味というのはあると思います。

なんと言ってもペン先と紙との抵抗感と言うか、摩擦感がいいんですよ。

力を抜くとすっとペン先が止まる感じと言いますか、これはボールペンには無いかなぁ。

どこかで「ボールペンはペン先が走りすぎる」というような事を読んだことがあって、その時は「そんなわけ無いでしょ」と思ったんですけど・・・。

でも実はそうだったんです。

とはいえ仕事ではボールペンしか使ってないし、その時は気にもならないのですが、万年筆からボールペンに持ち替えると分かるんです。

ボールペンだと無意識にペン先を止めてるんですよ。力を入れて。

僕は軽い書き味が好きだから、ボールペンも低粘度のインクの物を使っているのですが、粘度が低いほうがボールもよく転がるようで、はっきりと力を入れてるのが分かるんです。

もしかしたら、こういうところも「書くのが楽」と言われる所以かもしれません。

でもね、やっぱり一番快適なのはペン先にインクが溜まらない事なんですよね。今にして思うと、相当にご不満だったみたいですね。自分的に。

もっとも、ゆっくり書けば万年筆はインクがダラダラ出てきて裏抜けとかしちゃうのですが、僕はサクサク書く(書きたい)人なので、そういう意味でも合ってた気がします。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク