スポンサーリンク

万年筆のインクが難しすぎる・・・

万年筆を使い始めて1ヶ月ほどですが、気がつけば安物の万年筆2本にボトルインク3本を所持するまでになっておりました。

それは別に良いのですが、たったコレだけの事なのに、このインクがめっちゃ手強いんですよ。

どのへんが手強いかって、ペンとの相性がありすぎでしょ! つか、僕の引きが悪いんですか? そうなんですか?

だってあるインクをあるペンに入れたら途端にフローが悪くなって、コンバーターにまだまだインクがあるのに線がカスレだすとか。

そうかと思うと別のインクを別のペンに入れたら逆にフローが良くなりすぎて、字幅(線の幅?)が一段回太くなったようになったりとか。

ボールペンでは起こり得ない事態に遭遇して、インクを入れ替えては書き、インクを入れ替えては書かきで、かな~りアタフタしてしまいました。

ネットで調べてみると、フローにはインクの粘度と表面張力が関係しているようなのですが、粘度はともかくとして、表面張力は盲点でした。

ちなみに持っている2つのインクを比べてみると・・・

どうやら左のインクが表面張力が弱くて、右のインクが表面張力が高いっぽいんです。

粘度的にはほとんど同じだと思うんですけどね。多分。

で、右のインクの方がフローが渋いというわけでございます。

たぶんですけど、粘度が高けりゃ表面張力も高いってわけでは無いと思うし、そもそもそんな情報どこにもないし(専門誌などでは粘度についてはたまに載ってるらしいですけど・・・)。

つーかですね、そんな数字見たってよー分からんわけですよ。自分の持ってる万年筆に入れてどうなるかなんて。

そんなわけで、結論としては「使ってみな分からん」というところに落ち着きそうです。

インクなんて好みの色を選べばいいでしょ! くらいにしか思ってなかったのですが、なかなかどうして、奥が深いというか、散財させてくれるというか・・・。

好みの色で自分のお気に入りの万年筆に合うインクなんて、あるんですかねぇ?(お気に入りの万年筆はまだ買ってないけど)

インク沼にだけは嵌まらないぞ! と思っていたのですが、早くも片足突っ込んでそうで怖いです。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク