スポンサーリンク

中綿式のローラーボールのリフィルの替え時に悩む

おそらく生まれて初めて中綿式のローラーボール(水性ボールペン)のリフィルの入ったペンを使っているのですが、芯の替え時が分からなくて、どうしたもんかと悩んでおります。

事前情報としてローラーボールのリフィルには中綿式と直液式があって、中綿式だとインクを最後まで使うことができない。という事は知っていたのですが、じゃぁ、どうなるんだろう? というわけですよ。

結論から言うと、だんだん線の幅が狭くなってきて、そのうち掠れるようになるんですね。

感覚的には 1.0mm のボールペンの筆跡が、0.5mm とかまで徐々に細くなっていく感じです。

でもまだそれなりに書けるし、それなりに読めちゃうんですよね。困ったことに。

しかも書いてると重力でインクが下がってくるのかどうなのか? たまに太く書けちゃったりなんかするもんだから困るんですよ。

あと、ゆっくり書くとそれなりに書けちゃうとかね。

僕もビンボー人ですから、まだ書ける? まだ書ける? って引っ張っちゃって、気がつけばそれはそれは悲しいことになってました。

上の写真みたくなっちゃうとどうしようもないわけですが、それでも「誰かに見せる文章じゃないし、まだ書けるし」とか思っちゃうんですよね。

悲しいなぁ。貧乏人って・・・。

てなわけで、ここまで使うのは論外としても、替え時としては「線が細くなってきたかな」とか「なんか掠れる?」とか感じたタイミングなのかな。という気がします。

油性やゲルインクのボールペンみたいに、パタッと書けなくなるわけではないので、タイミングをはかるのは難しいのですが、あまり我慢せずに予防交換的な感じでフィリルを替えるのが良さそうですね。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク