スポンサーリンク

ボールペンの低重心と高重心

人につま先重心の人と踵重心の人がいるように、ペンにも低重心のものと高重心のものがあります(あと、もちろん真ん中重心のものもね)。

で、どっちが書きやすいの? というところを考察してみようと思ったんですけど・・・。

たぶん人によりますよね。これって。

僕はそんなに沢山のペンを持っているわけではありませんが、ちょうど極端な2本があったので比べてみたんですよ。

低重心の代表としてトンボ鉛筆の Zoom 505 と、高重心の代表としてファーバーカステルのアンビションで比べてみました。

ちなみに Zoom 505 の重心は以下の写真のあたりです。キャップを外した状態でちょうど上の銀色のリングの手前? くらいになるでしょうか。

そしてファーバーカステルのアンビションですが、これがまぁ、極端な高重心でして、後ろから 1/3 のあたりに重心があるようです。

それでこの2本のどっちが書きやすいの? というところになるわけですが、僕はアンビションの方が書いてて楽なんですよ。

てっきり低重心の方が楽なんだろうと思ってたんですけどね。つか、低重心を売りにしてるペンもありますし、低重心の方が楽なんだろうと思い込んでた部分はありますけど。

で、考えてみたんですけど、これって書き方の癖に依存するんじゃないかなと。

どうやら僕はペン先を紙に押し付けるのは上手なんだけど、ペン先を紙から浮かせるのは下手っぽいんですね。

だから力を抜くとテコの原理でペン先がスッと持ち上がってくれる高重心なペンの方が楽っぽいんですよ。

逆に手元が重いと、よっこらしょっ! とペン先を持ち上げなくてはいけなくて、手首が疲れちゃうっぽいんです。

もちろん僕とは逆に、ペン先がストンッと紙の落ちてくれる低重心のペンのほうが書きやすいって人もいると思うんですよ。

でなきゃ、低重心がペンの売りにならないと思うし。

というわけで、結論としては最初に書いたとおり、「人によるよね」という事になるわけですが、重心に注目して書き比べてみると、かなりの違いがあるのには驚きました。

いやほんとに、楽さ加減がぜんぜん違うんですよ。

そんなわけで、自分に合った重心のペンを使うと書くのがずっと楽になりますよ(たぶん)。というお話でありました。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク