スポンサーリンク

パーカータイプ(G2型)の 0.5mm のゲルインク 「プロッター ボールペン リフィル」

パーカータイプ(G2型)のボールペンのリフィル(替芯)で、なんか良いのないかなぁ。と探していたところ、PLOTTER(プロッター) というブランドのリフィルがちょっと良さそうだったので、試してみました。

どの辺が良さそうだったかと言うと、インクがOHTO(オート)のゲルインクなんだそうで、そりゃ気になるってもんですよ。

というわけでとりあえず開封です。包装(?)は紙製のケースになっているので、裏返して・・・

開いてみると、ごたいめーん! であります。

リフィルをよく見ると、ブランドのロゴと

セラミックボールポイント 0.5mm と書かれています。

そう、このリフィル、先っぽのボールがセラミックなんです。

聞くところによると、セラミックのボールは変形しにくく、表面に細かな凹凸があるので、インクのフローに良いんだとか。

そして個人的には最重要なポイントがチップの形状なんですが、コーンチップ(砲弾チップとも言うみたいですけど)なんですよ。

いえね、インクが OHTO という事だったので、チップはニードル? って思ってたんですが、違いました。

と、一通り眺め終わったところで試し書きです。今回はパーカーの QUINK GEL と、イージーフローインクと比べてみました。

色についてはどれもしっかりした黒で甲乙つけがたいかな。

線の太さではイージーフローが一番太く(さすがはボール径 1.0mm)、プロッター が一番細いです。

プロッターのリフィルの線幅としては、だいたい油性のボール径 0.7mm 程度ではないかと思います。記号で言うと F ですね。

書き味としては、QUINK GEL がスラスラだとすると、イージーフローはヌラヌラという感じで、それらに比べるとプロッターはソリッドな気がしました。

逆に言えば一番ボールペンらしい書き味なのがプロッターとも言えるかなと。

これでお値段 450円(税別:記事執筆時点)と言うんですから、それなりにお得なリフィルではないかなぁ。

もっとも、ゲルインクなので燃費はそこまで高くない(そんなに長い距離は書けない)とは思いますが、日頃からガリガリ書くわけではないペンのリフィルの選択肢としては良い気がします。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク