スポンサーリンク

メッチャ書きやすい! 「ファーバーカステル アンビション レジン ボールペン」

以前から気になっていたファーバーカステルの「アンビション レジン ボールペン」を見かけてしまったので、そんな気はなかったのですが、つい買ってきちゃいました。

ほんとはね、ちょっと試し書きだけするつもりで店員さんに出してもらったんですよ。そしたらメチャクチャ書き味が良くて、一発で参ってしまいました。

そんなわけで、開封です。

まずは外箱。橋の写真がオシャレです。

この外箱から引き出した内箱がこちら。こういうシンプルさは好きです。

そこからさらに引き出しを引くと、商品とご対面であります。おぉ! うつくしい。このシンプルさが良いんですよ。

そうそう、ファーバーカステルのペンの特徴の一つとして、クリップに仕掛けがしてあるんです。

実はこのクリップは別パーツになってて、しかも根本のところにスプリングが埋め込んであって、ちょっとだけだけど動くんです。

それの何がいいかって、かなり厚手のものでもしっかり挟めちゃうんです。

まぁ、この機能が活躍してくれる事は無いかもしれませんが、こういうギミックってすごく好きです。

さて、続いて試し書きです。

ペン先の出し入れはツイスト式となっています。

余談ですが、ペン先を出すのに両手を使う所作って上品ですよね。キャップ式でもツイスト式でも。

実際に書いてみると、滑らかさという点ではアクロボールとビクーニャの間くらいの感じなんですが、なんというか、ペン先のボールが転がる感じがあるんです。

この転がる感じがね、また良いんですよ。

ボールがインク出してます! みたいな、それでいて「転がってまっす!」的なスムーズさがあるというか。

とにかく良いんです。

でもって、ビクーニャの 0.7mm と書き比べてみたのが下の写真です。上がファーバーカステル、下がビクーニャです。

色はどちらもしっかりした黒ですが、ファーバーカステルの方が線が太いです。

はて? と思ってリフィルを確認したら、B の芯が入っていました。ちなみにリフィルはパーカー互換だそうです。

調べてみたら線の太さと記号の関係は、B > M > F となっているそうで、数字的には F が 0.7mm、M が 1.0mm、B だと 1.2mm くらいの線になるんだそうです。

そう言われると、まぁ、そんな感じかも。

つか、あのボールの転がる感じは B の太さだから出るんでしょうかねぇ? 純正のリフィルは B と M が用意されているので、機会があったら M も試してみたいところです。

蛇足:
ちなみに 日本でよく見る 0.5mm というのは、記号的には EF になるっぽいです。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク