スポンサーリンク

旧バージョンの CentOS で yum を使おうとしたら動かなかったので

ちょっと古いバージョンの CentOS が動いているサーバーのメンテナンスを仰せつかったのですが、yum を動かしたらうまく動かなかったので、対処法をちょっとメモ φ(..)。

実際には yum 自体は動いているのですが、http リクエストが 404 だったよ。とか言われちゃうんですね。

つまり、リポジトリが見つからないと・・・orz

で、調べてみたところ、旧バージョンのリポジトリが置いてあるサーバーが、何時かのタイミングで切り替わったんだそうです。

というわけで、設定を変更すればできるんじゃね? と思ってやってみました。

まずはリポジトリの置いてあるサーバーですが、http://vault.centos.org/ というところになったんだそうです。

実際にアクセスしてみると、旧バージョンの rpm ファイルがいろいろ置いてあります。うん。これならいけそうです。

次に設定ファイルですが、場所としては、

/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

というファイルになります。

で、このファイルを vi とかで編集するわけですが、その前に

cp CentOS-Base.repo CentOS-Base.repo.old

とかしてバックアップを取っておきましょう。人生、何があるか分かりませんからね。

実際の編集作業としては、設定ファイル内の URL を書き換えることになります。

デフォルトの状態では以下のような感じになっているので・・・

mirrorlist と baseurl の URL を以下のような感じで書き換えます。なぜか元のファイルでは baseurl= の部分が # でコメントアウトされていたので、# は消してしておきましょう。

[バージョン] の部分はお使いの OS のバージョン番号で、[アーキテクチャ] の部分もお使いの OS アーキテクチャで置き換えてください。

また、セクションは [base] 以外にも [updates] とか [extras] とかありますので、忘れずに全部書き換えます(バージョンとアーキテクチャの間のディレクトリ名にはご注意ください)。

調べ方は、バージョンは

cat /etc/redhat-release

で。アーキテクチャは

arch

で確認できます。例えばバージョン 6.7 の 64ビット版のサーバーの設定を変更する場合だと、

みたいな感じで。

とはいえ、リポジトリはブラウザで見ることができるので、実際に確認しながら設定することをオススメします。

で、作業が済んだら最後に

yum clean all

としてやれば、期待通りに動いてくれる・・・ハズ。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク