スポンサーリンク

複数のテキストファイルの文字コードを一括(変換|統一)してくれる「文字コード判定&変換ツール.NET」が便利!

複数のテキストファイルの文字コードを一括で変更(統一)できる「文字コード判定&変換ツール.NET」というツールが、Vectorで紹介されていたので使ってみました。

ZIPファイルをVectorのページからダウンロードして解凍すると、exeファイルが出てくるのでそのまま起動(実行)すれば使えます。

動作には .NET Framework 2.0 が必要とのことでしたが、ウチの環境では何もせずに動きました(たぶん .NET Framework 4.5.2 が入ってたからだと思いますけど)。

対応する文字コードは Shift_JIS、JIS、EUC、Unicode、UTF-7、UTF-8 で、改行コードも CR、LF、CRLF に対応しています。

しかもファイルの文字コードを自動で判別してくれるんですから、ありがたいです。

対象の指定もファイル単体とフォルダの2種類ができて、フォルダを指定した場合はサブフォルダも対象にすることができます。この辺はいかにも一括変換という感じでうれしいところ。

また、入力と出力に別のファイルやフォルダを指定することができるので、元のファイルの状態を保持したまま変換したファイルが作成できるのも、開発する立場としては助かります。

試しにフォルダを指定して実行してみたのですが、あっさりと変換してくれちゃいました。

出力先を確認してみたところ、テキストファイルはちゃんと指定した文字コードに変更してコピーされていたのですが、一緒に置いていたバイナリーファイルもいじられたようで、壊れた状態でコピーされていました。

この辺はテキストファイルだけ処理対象になるように注意しましょう。ということで。

またこのツールは、コマンドラインからも実行できるようになっていて、ウィンドウ右下の[ツール]のところから現在の設定のコマンドを出力できるようになっています。

あと、「送る」メニューにも登録できるようです。

Webサイトなんか作っていると、稀に文字コードを間違えちゃったファイルが紛れ込む事があるので、掃除する意味でもこのツールで一括変換をかけておくと、「えぇ~!」って事にならずにすみそうです。

参照リンク
 ・文字コード判定&変換ツール.NETの詳細情報 : Vector ソフトを探す!(ダウンロードページ)
 ・Vector 新着ソフトレビュー 「文字コード判定&変換ツール.NET」 - 「送る」メニューから起動したり、指定フォルダ内のファイルを一括処理したりできる文字コード変換ソフト

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク