スポンサーリンク

病気と治療法について知ろう 「精神科にできること」

精神科にできること (講談社現代新書)

 精神障害(精神病?)と聞くと、「怖い」とか「手に負えない」というイメージを持つ方もあるかと思いますが、「精神障害についてどのくらい知ってるの?」って話になると、自分も含め「ほとんど何も知らない」ってことが往々にしてあるんじゃないでしょうか。

 本書は「精神障害」とはどういうモノなのか?現在どういった治療法があるのか?について、精神障害治療の歴史や、実際の治療現場の話を交えながら、素人でも分かる平易な言葉で語られています。

 とはいえ、本書の発行は2002年なんですよね。ご存じの通り、脳の研究はものすごいスピードで進んでいるので、薬の名前とか診断基準とか、既に古くなっている情報があるかもしれないので、そこは注意が必要かと思います。

 目次:
 はじめに 
 第一章 精神障害とは何なのか
 第二章 精神科の診断を巡って
 第三章 精神科の病気

1 統合失調症

2 うつ病

3 不安障害

4 摂食障害

5 いわゆる自律神経失調症
 第四章 精神科にどうかかる
 おわりに 

 僕は本書で初めて知ったんですが、同じ精神科のお医者さんでも、大きく「脳精神医学」派と「心理主義精神医学」派に分かれるんだそうです。イメージとしては「外科医」と「内科医」のような感じでしょうか。

 両者の違いとして、前者は薬物による治療を重視し、後者はカウンセリングによる治療を重視する傾向があるんだとか。もちろん両方のいいトコ取りが、一番いいみたいなんですけどね。

 面白いことに患者さんの方にも、脳精神医学的治療を求めるタイプと、心理主義精神医学的な治療を求めるタイプがあるんだそうで、このへんが「精神科に行ったけど、先生と合わなくて・・・」という話をよく聞く原因になっているのかも。

 つか「精神障害」って、ウィルスや毒素による ”いわゆる病気” と違って、本来なら生きていくために必要な脳(心)の働きがひどく極端になって起こるものとは・・・。知りませんでした。

 

「精神科にできること」をAmazonで見る。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a01310f1f31c0970c0133f4b19b4c970b

このページへのトラックバック一覧 病気と治療法について知ろう 「精神科にできること」:

おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku

    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク