スポンサーリンク

教える人はもちろん、教わる人にも 「技術の伝え方」

組織を強くする技術の伝え方 (講談社現代新書)

 自分では上手く教えているつもりなのに、どういうわけか相手に伝わっていない。ってのは、案外よくある話じゃないでしょうか?

 教える立場の人間としては、項目のリストアップから教える順番、ムダや漏れは無いかのチェックなどなど、それなりに大変な思いをして準備したのに・・・。なんで伝わんないの?とか思うわけです。

 本書はその「なぜ伝わらないか」を紐解くことによって、逆説的に「伝えるにはどうすればいいか」にアプローチしていきます。

 じゃぁ、どうすれば伝わるんだよ?ってところをまとめると、

  • まず体験させろ
  • はじめに全体を見せろ
  • やらせたことの結果を必ず確認しろ
  • 一度に全部を伝える必要はない
  • 個はそれぞれ違うところを認めろ

となるんだそうです。

 この中で僕が特に注目したが2番目の「はじめに全体を見せろ」だったりします。『やってみせ、いって聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ』というのはよく聞きますが、その「やること」を「やった結果」が全体に対してどういう意味・役割を持っているかが分かれば、初心者の「なんで、こんな事せにゃならんの?」という疑問に端を発する反発感(?)のほとんどが解消できるような気がします。

 また、いくら上手く教えても「教わる側の準備ができていなければ、伝わるモノも伝わらない」という、これまたもっともな指摘もあります。もちろん、教わる側にどうやって伝わるための準備させるのか?という部分もちゃんと解説されているのでご安心を。

 目次:
 はじめに 
 序章 「技術」とは何か
 第1章 なぜ伝えることが必要か
 第2章 伝えることの誤解
 第3章 伝えるために大切なこと
 第4章 伝える前に知っておくべきこと
 第5章 効果的な伝え方・伝わり方
 第6章 的確に伝える具体的手法
 第7章 一度に伝える「共有知」
 終章 技術の伝達と個人の成長
 「技術を伝える」を巡るおまけの章
 おわりに 

 逆に教わる立場に立ってみると、教えられた事に対しての質問のポイントが見えてきます。例えば「なんで、こんな事しなきゃいけないんだろう?」と思っても、そのまま素直に口に出しては角が立つ場合もありますよね。もしくは素直にそういう質問ができるような雰囲気じゃないとか。

 でも「この後はどうなるんですか?」と自分の作業の後行程を質問(確認)すれば、大抵はそこに疑問の答えが転がっているものですし、教える人に与える印象もずいぶんと違ってくるんじゃないかなぁ。

 というわけで、教える立場の人はもちろん。「もうちょっと上手く教えてもらえないかなぁ?」と思っている向上心旺盛な人にもオススメです。

 

「組織を強くする 技術の伝え方」をAmazonで見る。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a01310f1f31c0970c0133f355d488970b

このページへのトラックバック一覧 教える人はもちろん、教わる人にも 「技術の伝え方」:

おすすめの記事と広告

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク