スポンサーリンク

« December 2009 | Main | February 2010 »

17 posts from January 2010

01/16/2010

Webページをリダイレクトする方法

 Webアプリを作っていると、意図的にページをリダイレクトしたい状況ってのがあります。

 例えば、ログインを必要とするページに認証されていないリクエストが来た場合に、ログインページへリダイレクトするとかですね。

 そんなわけで、Webページをリダイレクトする方法の覚え書きです。

 なお、検証は Windows XP SP3 上の Firefox 3.5.7 で行いました。また、リダイレクト先のサンプルURLとして「http://www.mukairiku.net/」を指定しています。

 まず最も高速で、ユーザーがリダイレクトを止められないと思われるのが、HTTPレスポンスヘッダーを使う方法です。

 やり方は簡単で、「Location: リダイレクトしたいURL」というヘッダーを返すだけです。PerlでCGIプログラムを書くと、

print "Location: http://www.mukairiku.net/\n\n";

 こんな感じになります。この場合、通常の「Content-type: text/html」というヘッダーは出力しません。

 お次はJavaScriptを使う方法です。HTMLファイルのHEADタグ内に書くと、ページを表示する前にリダイレクトしてくれます。

<script type="text/javascript">
  location.href='http://www.mukairiku.net/';
</script>

 JavaScriptを使うメリットとしては、クライアントサイドでプログラミングできることに尽きるかと思います。

 ページを表示させたあとでリダイレクト先を変えたりとか、任意のタイミングでリダイレクトさせたりとか。ボタンと組み合わせてアンカータグの代わりに使うって手もあります。

 デメリットは、ブラウザのJavaScriptがOFFになってると動かないことですね。当たり前ですけど。

 最後は(X)HTMLのMETAタグを使う方法です(サンプルはXHTMLで記述)。

<meta http-equiv="refresh" content="0; url=http://www.mukairiku.net/" />

 通常はこれをHTMLファイルのHEADタグ内に書きます。FirefoxだとBODYタグ内に書いても動きましたが、他のブラウザでは未確認です。

 メリットは、JavaScriptがOFFでも動くことですね。CONTENT属性の最初に指定する数字(上の例だと'0')で、ページを表示してからリダイレクトするまでの秒数を指定できます。

 ただし、一旦ページを表示してからリダイレクトするため、ユーザーにリダイレクトを意識させたくない場合には不向きかと。

 逆に「〇秒後にホゲホゲのページにジャンプします」といった場合には便利ですね。

 その他、Apache HTTP Serverの機能を使う方法もありますが、自分がまず使わないので、今回はパスということで。

追記:2011/05/21
 Apache の .htaccess を使用したリダイレクトについては、こちらの記事をご参照ください。

01/15/2010

ちょっとスゴイよ 「王様の仕立て屋」

王様の仕立て屋―サルト・フィニート (1) (ジャンプ・コミックスデラックス)

 そもそもはカミさんが買ってきたんですが、すっかりハマってしまいました。

 ストーリーは、イタリアはナポリの片隅に店を開いている凄腕の仕立て屋さん(フルオーダーのスーツ屋さんですな。しかも日本人。)が、お客の無理難題を服を仕立てることで解決していく。というもの。

 僕はスーツをフルオーダーなんて経験はありませんが、着る服ひとつで周囲の見る目や着る人の気持まで変わってしまうってのが、スゴくよく解る(伝わってくる)んですよ。

 しかも蘊蓄満載で余計な知識が身につく身につく(笑)。

 おかげで、これまで着る物に無頓着だった僕が「少しは身成に気を使った方がいいかも」と思うようになったくらいですから(苦笑)。

 しかし、この漫画でホントに舌を巻いたのは「おネェちゃん達」なんですよ。

 この主人公にメインで絡んでくる会社ってのが、女子大生のグループが母体の服飾メーカーなんですが、設定通り出てくるのは女の子ばっかり。創立メンバーだけで12人もいるのに、+αで総勢15人(もっと居る?)ですよ。

 しかも全員が10代後半~20代という年齢設定なんですが、これが見事に描き分けられてるじゃないですか。これにはブッたまげましたよ。ほんとに。

 もちろんストーリー自体もとても魅力的で、累計200万部ってのも頷けます(単行本は現在24巻まで刊行済み)。

 唯一の難点は、読みだしたら止まらなくなっちゃって、ついつい夜更かししちゃうことかな(笑)。

 

「王様の仕立て屋」をAmazonで検索。
「王様の仕立て屋 The Special Edition」(傑作選)をAmazonで検索。

01/10/2010

息子、MAGICに参戦

マジック:ザ・ギャザリング 2010基本セット ブースターパック 英語版 BOX

 娘の英語の学習の一助になればと始めた「マジック:ザ・ギャザリング(英語版)」ですが、息子(小5)が俄然興味を示してきました。

 実は「英語が読めないから」という理由で、息子の分は用意してなかったんですよね。

 一応「おまえさんは英語が読めないから無理だよ」とは言ったんですが、「勉強するもん!」などと親を喜ばせる事を言って譲りません。

 仕方なくもう5パック買ってきて息子も参戦させることにしたんですが・・・。案の定、僕やカミさんのところにカードを持ってきては「これ何?」と聞いて回っています。息子よ、それは勉強してるとは言わんよ(笑)。

 ちなみに各人のデッキの構成は、娘が[○]、息子が[○]、カミさんが[●]、僕が[]といったところです。

 カードの所有権は、基本的にパックを開けた人間にあるわけですが、デッキを作った残りのカードは共有するルールにしたので、他人の余りカードを漁れば、それなりのデッキが組めたりします。カミさんなんか、早くも黒単への野望を抱いているし・・・。

 子供達は「カードの絵が怖いから」という理由で、黒を使おうとしないんですよ。

 しかし、自分から「やる!」と言い出しただけあって、息子はなかなかいい勝負を仕掛けてきます。負けが込まないように精進せねば。

01/09/2010

すげぇなAmazon。全品送料無料だってぇ!

 昨年秋に書籍を対象に始まったAmazon.co.jpの送料無料キャンペーンは、対象商品の拡大と期間延長を繰り返しながら継続されてきたわけですが、ついに対象商品を全商品に拡大したそうです(一部例外あり)。

 ちなみに今回は2010年3月31日中に注文が確定した、Amazon.co.jp が販売、発送する 全商品が対象とのことです。

 もちろん利益が出てるからこそ出来るんでしょうけど、すごいよなぁ。つか、勝負に出てきたって感じ?

 下手すると、このまま済し崩し的に全品送料無料が定着したりしてね。

 対象外の商品については注意が必要ですけど、文庫1冊、消しゴム1個から気軽に注文できるってのはありがたい話であります。

参照リンク
 ・Amazon 全品送料無料キャンペーン(3/31まで)

01/07/2010

スーパーカップ 濃コクとんこつラーメン


 久しぶりにスーパーカップの「とんこつ」を見かけたので買ってきました。実は自分にとっての、とんこつ味のカップメンの定番だったりします。

 しかし、数年ぶりに再会した「スーパーカップ」はいろいろとあの頃とは変わっていました。

 まず、カップが紙から発泡スチロールになってました。この変化は大きいですよ。しかも、発泡スチロールのカップの周りを紙で巻いてあるんです。う~む。僕は紙カップの方が好きだったなぁ。

 次いで麺も「ガッシリ3Dめん」とやら言うものになってまして、曰く

めんの配合(小麦粉・でん粉等)を改良し、めんの厚みをアップした立体感(3D)のあるめんです。

カップの説明書きより引用

だそうです。

 まぁ、能書きはこれくらいにして、早速いただいてみます。

 お湯を入れて待つこと3分。調味脂から立ち上る、あのとんこつ臭さは健在です。あと、薄っぺらいチャーシュー(と言っていいのか?)も、懐かしいですね。

 スープの方は「ちょっと薄くなった?」って気もしないではないですが、最近のとんこつカップメンの傾向からすると、こんなもんかな?という感じです。少なくとも悪くはないですよ。個人的にはお湯をちょっと少なめにした方が好みかも。

 で、肝心の「3Dめん」とやらですが、以前のめんに比べてちょっと太くなって柔らかくなったように感じました。もしかして2分半くらいで食べちゃった方が「バリカタ」っぽくていいかも。この辺は研究の余地有りですね。

 今回はレシピ通り(?)に作ったわけですが、基本の味は悪くないというか、非常にベーシックなものなので、工夫次第で好みの味に仕立て上げるだけの余裕はありそうです。次回は「お湯少なめ&待ち時間短め」でチャレンジしてみようっと。

参考リンク
 ・スーパーカップ|商品情報|エースコック株式会社

 

01/06/2010

連射精度ってバカにできないのね 「ボーダーブレイク」

ボーダーブレイク ヘヴィガードII型 (1/35スケールプラスチックキット)

 年末年始にちょっと多めに遊んだせいもあって、気が付けばランクも[C3]でございます。でもガトリングガンがまだ出ません・・・orz

 まぁ、それはともかく、これまで重火力で出る時の主武器は「ウィーゼル機関銃R」を使ってたんですが、どうにもちゃんと当たってる感が希薄なんですよね。あくまで個人的感覚ですけど。

 オーバーヒート(OH)までに撃てる弾数が多いのは魅力なんですけどねぇ。

 ところが Wiki の「ウィーゼル機関銃R」の項目に「OH管理がきちんと出来るようになると初期型の方が高い性能を発揮できるようになる。」なんて記述が・・・。

 確かに「ウィーゼル機関銃」の連射精度は「C+」で、「ウィーゼル機関銃R」の連射精度は「C」ですけど、正直、

そんなに変わるかぁ?

と思ってたんですよ。でも試しにと持ち替えてみたら、これが当たる!当たる!(あくまで個人的感覚です)。

 いやぁ、連射精度ってバカにできないんですねぇ。

 もっとも、先日コメントをいただいたHG氏みたく「弾がバラけても近付きゃ当たる」と言えるだけの技量があれば関係ないのかも知れませんが、なかなか難しゅうございます。

 そんなわけで、OH管理がきちんと出来るようになるのが次の目標かな。あと残弾数の管理も出来るようにならないとなぁ。

01/03/2010

娘の英語の成績が悪いので

マジック:ザ・ギャザリング 2010基本セット ブースターパック 英語版 BOX

 二学期を終了したウチの娘ですが、どうにも英語の成績が他教科に比べて著しく悪いんですよ。

 で、本人に話を聞いてみたんですが、やらされてる感満載なんですよね。言い換えると「やりたくないけど、やれ!って言われるからやってる」みたいな感じなんですよ。

なるほど。こりゃダメだわ。

 何でもそうですけど、どこかに「楽しい」がないと一生懸命にはなれませんよね。

 そこで自分はどうだったか思い返してみたんですが、そのころ既に洋楽を聴いてたせいもあって、わりとすんなり英語に入っていけてたような気がします。

 だからって、娘に「洋楽を聴け」と押しつけるわけにもいきません。はて?どうしたもんか。と悩んだ結果「マジック:ザ・ギャザリング(英語版)」を試してみることにしました。

 かつて、カード破産(カードを買いすぎて破産)寸前までハマり、第5版の発売と同時に足を洗ったマジックに、また手を出すことになろうとは・・・。

 買ってきたのは「2010 CORE SET」のブースターを15パック。一応これで3人分の予定です。足りないランドはウチに残ってるカードを引っ張り出してきて補充します。しかし、スターターが無くなってたのにはちょっとビックリしましたよ。

 家に着いたら早速カミさんとシールド勝負です。親が本気で遊び始めたのを見て娘も興味が出たようで、一生懸命カードのテキスト(もちろん英語)を読んでます。思う壺ですね。

 娘のデッキが完成するには、まだまだかかりそうだけど、完成した暁にはコテンパンにしてやる予定です。これで少しは英語に馴染んでくれれば良いのですが・・・。

と、その前にカミさんに勝たねば。

スポンサーリンク

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

Blog powered by TypePad

スポンサーリンク