スポンサードリンク
カテゴリー:"Linux"

Linuxのコンソールに 「set_rtc_mmss: can't update from 1 to 59」 と表示されていたので

久々に Linux なサーバーのコンソールをつけたところ、ログインしていない画面上に

set_rtc_mmss: can't update from 1 to 59

とか、

set_rtc_mmss: can't update from 59 to 1

というメッセージが一面に表示されていたので、ちょっと調べてみました。

続きを読む »

killコマンドにオプションが指定できるのをすっかり忘れてました

 久しぶりに Linuxで killコマンドを使う機会があったんですが、「kill してもプロセスが死なね~!!」 となってたら、

オプション指定しろや!ゴラァ!!

と、隣から突っ込みが入ったので、調べた結果をメモメモです。

 そういえば、killコマンドにオプションがあるって話は聞いたことあった気がするんですが、「killって、強制終了でしょ」 と思い込んでたので、オプションの存在をすっかり忘れていました・・・orz

 よく使うオプション(シグナル)としては、こんなものでしょうか。

番号シグナル説明
1HUP終了後再起動
2INTユーザーからの強制終了命令(Ctrl+Cキーと同じ)
3QUIT端末からの終了命令(Ctrl+\キーと同じ)
9KILLプロセスの強制終了
15TERM正常な終了動作を行わせて安全に終了

一応コマンドの構文としては

kill [オプション] プロセスID

ということで、具体的には

kill -HUP 12345

とか

kill -9 12345

みたいな感じで使います。

参照リンク
 ・UNIXコマンド [kill]

yumコマンドの覚え書き

 久しぶりに yum コマンド を使おうとしたら、完全に忘れていたので、自分用の覚書です。

 そんなわけで、全てのオプションはカバーしておりませんので、あしからずご了承ください。

まずはコマンドの基本形(笑)
# yum [options]


よく使うオプションは以下の通り
install パッケージ名 指定されたパッケージをインストール
remove パッケージ名 指定されたパッケージをアンインストール
search キーワード リポジトリに登録されているパッケージをキーワードで検索
list installed インストール済みのパッケージの一覧を表示
list updates アップデート可能なパッケージの一覧を表示

これだけあれば何とかなる・・・ハズ。

スポンサードリンク

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク