スポンサードリンク
カテゴリー:"ブログ"

ブログのいいネタとは (3回目)

とかく失敗した話ってのは、恥ずかしかったりしてあまり話したくなかったりするわけですが、ブログ的にはいいネタなんですよね。

もっとも、「失敗しちゃった」 だけではダメでして、いかに克服したかまで書いて初めてネタになるわけですけど。

発想としては「きっと同じように困っている人はいるはず」 というもので、「この程度なら、みんな自力で解決するでしょ」 というネタの方が実は貴重だったりします。実際、そういうネタってネット上に少なかったりしますから。

また、解決するのに苦労したネタはというのも別の意味で貴重なんですよね。というのも、苦労したってことは、それだけ解決策が見つけられなかったり、いろいろ試しても上手く行かなかったりしたわけですから。

そして何と言っても、自分の後から同じ状況に遭遇した人に対して、何がしかの手助けができたら嬉しいじゃないですか。もちろん、自分のための備忘録という意味合いもありますけど。

需要としてはニッチなものでしょうけれど、そういうエントリーって実は長い間ちょっとずつ地道に人を呼んできてくれるんですよね。

例えるなら、ブログの基礎体力に効くようなイメージでしょうか。

【関連エントリー】
 ・ブログのいいネタとは (4回目)
 ・ブログのいいネタとは (2回目)

ブログのSEO対策としての更新頻度はどのくらい必要か考えてみた

SEO(Search Engine Optimization,検索エンジン最適化)の手法の一つとして、「サイトの更新頻度を上げる」 というのがあるわけですが、じゃぁ、どれだけ上げればいいんだよ!? って話です。

ちなみに現在 Web上で SEO と言うと、対象はほぼ google と言っていい状態なので、google に評価されるための施策と言ってもいいと思います。

前提として、投稿されるのはオリジナルの記事で、人間が読んで意味のある文章である必要があります。プログラムが作成したような、一見ちゃんとしているようでも意味のない文章はスパム扱いされます。まぁ、当たり前の話ですが念のため。

続きを読む »

リサーチバンクで 「ブログに関する調査。」 が発表になってました(2013年3月)

リサーチバンク で 「ブログに関する調査。」 の結果が発表になっていました。前回の調査が2010年9月だったので、約2年半ぶりになります。

というわけで、つらつらと結果を眺めてみたのですが、一日のアクセス数が50未満のブログが前回は約 80%だったのが今回は約 78%と、傾向としてはあまり変わってないという感じです。

ただ、今回は解答の条件に 「現在も更新している人」 という項目が加わっているので、もしかしたら全体としては、アクセス数が50未満のブログは増えているのかもしれません。

また、開設期間については前回は1~2年が 17.8%で最多だったのが、今回は3~5年が 21.4%で最多となっているのが興味深かったりします。

新しく始める人は少なくなっていて、3年くらい前に始めた人はそのまま続いてるって感じですかねぇ?

ちなみに3年というラインで見てみると、前回は 64.7%が開設3年未満だったのが今回は 49%となっており、やっぱり新規の開設は減っているようです。

逆にアクセス数が1日に 500以上あるブログの比率をみてみると、前回が約 1.7%だったのが、今回は 3.3%と大幅に増えてたりするんですよね。

ということは、3年以上続けていれば、それなりにアクセス数も増えてくると考えられそうです。言うなれば、「やめなかった人の勝利」 という感じでしょうか。

ほぼ毎日更新している人の割合が、14.1%から 15.6%に上がっていることからも、続いている人は続いてる。というようにも見て取れます。

ただ前回も今回もブログの記事数については調査されてないんですよね。記事が多いほど偉いとは言いませんが、やっぱり記事が多い方がアクセス数的に有利だと思うので、その辺を知りたいなぁ。とか思ったりして。

それにしても、今回から 「あなたがブログの更新をしなくなった、またはやめた理由を教えてください。」 という問いが加えられているのが何ともかんとも。時代を感じますなぁ。

ブログのネタが無いのは忘れているから

 ブログを続けていく上で、どうしても障害になってくるのが “ネタ切れ” だったりします。

 でも最近になって分かってきたんですが、実は見つけたはずのネタを結構な数の忘れちゃってるんですよ。

 どのくらい忘れてるかというとですねぇ、トイレで “おっ! イケるかも” と思ったネタを、机に帰ってくるまでに忘れてる、な~んて事もあったりするんです。お恥ずかしいですが。

 そうなると “いかにメモしておけるか” というのが肝になって来ます。

続きを読む »

ブログの更新を諦める基準を設定しよう

 ブログをやっていて、常に頭を悩ませてくれる問題といえば、「ネタ切れ」 です。

 そうなると僕の場合、必死こいてネットを彷徨ってネタを探すわけなんですが、そういう時に限って何も見つからないんですよね。

 で、ちょっと前までは 「見つかるまで頑張るぞ~!」 みたいな感じで夜更かししたりもしてたのですが、

ダラダラとネタを探すのはやめる

事にしました。だって、これまでやってきて何も良いことが無かったですから。

 とはいえ、ネタ探しを自体をやめるわけには行きません。というわけで、何もなかったら諦める基準を作ることにしました。

 例えば 「夜10時になっても書き始めるネタが無いなら、その日は諦める」 といった感じです。

あんまり夜更かししても、翌日が辛いだけですしね。

2013年、一年の計

みなさま、あけましておめでとうございます。

 さて、本日は元日ということで、「一年の計は元旦にあり」 の言葉に習って、今年の目標なんか掲げてみようと思います。

 でもまぁ、そんなに沢山を掲げても達成できないと悲しいので、ブログに関しては1つだけ

 ・毎週10記事書く

で行きたいと思います。

 本心では 「毎日2記事書く」 の方がよっぽど明確だしカッコイイと思ってるのですが、流石に達成する自信が無いので(苦笑)。

 また、1つにした理由としては、他にもお仕事の方でも目標を立てなきゃいけないし、プライベートでも目標を立てたいからなんです。

 仮にそれぞれに3つづつ設定したら合計で9個になりすからねぇ、ちょっと無理っぽいじゃないですか。ですので、それぞれにメインを1つサブを1つの6つくらいなら何とかなるかなと。

 ちなみに、ブログについてのサブ目標は 「デザインをなんとかしたい」 だったりします。まぁ、あくまで出来ればということで、“パクりたい and パクれそう” なデザインが見つかったら手を付けるようかな。

本年も当ブログをよろしくお願いします。

ブログの記事のタイトルは、せめて自分で内容を思い出せるようなモノにしよう

 ブログを書くに当たり、記事のタイトルの重要性については既に語り尽くされている感がありますが、改めて 「タイトル大事だよね」 と思ったので。

 と言うのも、アクセス解析ってアクセスの多い順に記事名が並んでたりするじゃないですか。でね、なかにタイトルから内容が思い出せないのがあったりするわけですよ。

 書いた人間も思い出せないようなタイトルの記事を、わざわざ読みに来ていただいた方には心から感謝いたします。

 とはいえ、やっぱり書いた人間がタイトルを見て内容を思い出せないようではイカンなと。せめて自分で思い出せるくらいにはしておかないとなぁ。

ブログのいいネタとは (2回目)

 Web で何かを探す場合、たいてい検索サイトにキーワード(検索ワード)を打ち込んで探すわけですが、たまにどうしても上手く探せない時ってのがあります。

 そんな時はひたすらキーワードを変えながら検索を繰り返すことになるわけです。もうね、それだけで疲れちゃったりするので、最終的に上手く見付けられたら万々歳って感じになります。

でも、それで終わってしまってしまっては

もったいない!

ですよ。

 この上手くいかなかった検索というのは、ブログの非常にいいネタなんです。

 だって、自分が上手く見付けられなかったということは、同じような思いをしている人がきっといるはずです。だったら、これから同じネタで検索する人のために何かを残しておいてあげようじゃないですか。

 ポイントはタイトルです。自分が最初に検索エンジンに入れて失敗したワードを上手く使って、組み立てましょう。

 エントリーの内容については、まぁ、パクリっぽくなってしまうのは仕方がないのですが、そこは頑張ってオリジナルの要素を加えたいところです。

 でも、こういう場合ってたいてい複数のページから情報を集めて来ていると思うので、キュレーションって言うんですか? あちこちから得た情報を元に、僕はこうやりました。みたいにすればOKじゃないかなと。

 最後に参考にさせてもらってページには、敬意を込めてリンクを張っておきます。

 当ブログとしては、「いろいろ探して苦労したので、自分用にメモメモ」 的なエントリーなんかそうですね。誰かの助けになれば嬉しいし、自分でもう一度探す時にも 「ブログに書いたはず」 というのがあれば、そのエントリーを見れば早いですから。

【関連エントリー】
 ・ブログのいいネタとは (3回目)
 ・ブログのいいネタとは (1回目)

ブログ+アフィリエイトで食べていくには月間100万PVは必要らしい

ihayato.news の 『「ブログで稼ぐ」は現実的か?PV別ブログ収益をざっくり計算』 というエントリーで、ブログ+アフィリエイト でどのくらい稼げるか? について考察されていたので、メモメモです。

こういう数字って気にはなるのですが、なかなかそれっぽい数字って出てこないんですよね。

というわけで、収益イメージの部分を引用させてもらうと、

1万PV:~1,000円
5万PV:3,000~10,000円
10万PV:10,000~50,000円
20万PV:50,000~100,000円
30万PV:100,000~150,000円
40万PV:150,000~200,000円
50万PV:200,000~250,000円

「ブログで稼ぐ」は現実的か?PV別ブログ収益をざっくり計算 | ihayato.news より引用

 みたいな感じだそうです。記事には明記されていませんでしたが、文脈からして PV は月間の数字と考えて良さそうです。

 当ブログは月間 1万PV ほどしかありませんが、1万PVで ~1,000円 というのは、ちょっと少ない気がします。個人的には以前に 「素人ブログのマネタイズの話 - プログラマになりたい」 で読んだ、“1万アクセスあたり1,000円から5,000円くらい” の方が妥当なように思います。

 また、前々から月間PV が上がるほど 1PV 当りの収益が向上するのではないか? と予想してたんですが、月間10万PV を超えるとそうでもないんですねぇ。

 そりゃ、どこかで頭打ちにはなるだろうと思ってましたが、10万PV 当りからそうなんですねぇ。思ってたよりも低かったなぁ。

 でもまぁ、これで ブログ+アフィリエイト で食べていこうと思ったら、月間100万PV は必要ということがハッキリしたかと思います。

 て言うか、プロブロガーを名乗っておられる方が公表されている月間PV が、そろって 100万を超えているので、そうじゃないかなぁ。とは思ってたんですが・・・、やっぱりそうなんですねぇ。

参照リンク
 ・「ブログで稼ぐ」は現実的か?PV別ブログ収益をざっくり計算 | ihayato.news
 ・素人ブログのマネタイズの話 - プログラマになりたい

【関連エントリー】
 ・ブログ+アフィリエイトで食べていけるのは上位0.1%らしい

ブログの目標は自分でなんとかできるコトだけにしよう

 ブログをやっていて気になる数字と言えば、やはりアクセス数です。また、アフィリエイトもやっているなら、日々の成果は非常に気になるところだったりします。

 しかし、どちらの数字も自分だけで何とかできる数字ではないんですよね。そんなわけで、ブログの目標にするにはこれらの数字は、あまりよろしくないような気がします。もちろん気にはなりますけど(笑)。

 というわけで、目標にするなら自分でナントカできる数字だよね。と考えると、これがもうブログを更新する事しか無いんですよ。

 幸いと言いますか、ブログの記事というのは、自分で消さない限りは書いた分だけ純粋に増えていくので、やった分だけ成果が積み上がるという意味において、目標としては非常によろしいわけです。

 ちょっと難しめの目標に設定すると、もう、そっちの達成の方が気になって、他の数字があまり気にならなくなるという効果もありました。

 現在の最終目標は1日3回更新なんですが、これがそう簡単にはいきません。

 世の中には目標を設定することで馬力が出る方もいらっしゃいますが、僕は出来そうなところから段階的にアプローチする方が好みなので、ちょっとづつ難易度を上げながら試行錯誤中です。

 とりあえずは毎日更新までは来ましたので、現在は週間10記事(毎日更新+3記事)に挑戦中です。それが出来たら次は毎日2回更新の予定です。

 出来たかどうかの判断は、その状態が3ヶ月続けばOKと考えています。だって、続かないと意味がないですからね。

 でもそうやって続けていると、ちゃんとアクセス数も付いてきてくれるんですよ。そうなると嬉しくなって、もっと書けたらなぁ。と思ったりとか(笑)。

とはいえ、あまり無理はしないようにして、一歩一歩前進していけたらと思います。

スポンサードリンク

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク