スポンサーリンク

小さい子供から目を離してはダメ! ゼッタイ!! な理由

北海道でしつけのためと子供を放置したら5分でいなくなったというニュースを見て、「自分も同じ失敗をしたよなぁ」と思い出したので。

幸いな事に先のニュースの子供さんは無事に保護されたそうで、他人事ながらホット胸をなでおろした次第です。

で、ウチの場合なんですが、何で怒ったのか忘れてしまっていますが、上の子がなにかやらかしたんでしょうね。腹に据えかねて家から追い出したことがあるんです。

実は僕も同じ目に合ったことがあって、しつけの一環として“寂しい思いをさせる”というのはアリだと思ってたようです。

僕の場合はしばらくドアの前で泣き叫んでたら親が家に入れてくれたので、同じようにするつもりでした。

ところが、1分くらいで子供の声が聞こえなくなったんです。

さすがにあの時は焦りました。

当たり前ですが外に飛び出してみても子供の姿はありません。

慌てて行きそうなところを大急ぎで確認していたら・・・。いましたよ。

ちょうど通っている幼稚園というのが徒歩圏内なんだったもので、そこに逃げ込んでいました。

もうね、ホッと胸をなでおろすやら恥ずかしいやらで、急いで連れて帰ったことはよく覚えています。

でも今になって思うと、怒った内容については忘れてるんですから、きっと大したことじゃなかったんですよね。その時は腹に据えかねてたとしてもです。

かくして、小さい子供というものは目を離すと(親にとって)ろくでもないことを始めるか、いなくなるかのどちらかなんだなぁ。と思うようになった次第です。

とか思ってたら、実は上の子の行方不明事件はもう一回あったんです。

あれはデパ地下で買い物をしている時だったのですが、「ちょっとここで待ってろよ」と言って1分ほど目を離した隙にいなくなってたんです。

幸いデパ地下という閉じられた空間だったので、必死こいて探して見つけましたけど。

デパートとかで迷子の発生する原因って、案外こんなものなのかもしれませんね。

あの時も肝を冷やしたハズなんですが、思い出すにつけ、自分の学習能力のなさに呆れるというか、なんというか。面目次第もございません。

言い訳をするなら、自分も若くて(まだ20代だったはず)我儘だったし、辛抱も足りてなかったし、そもそも初めての子供で子供というものがよく分かってなかったように思います。

そのおかげか、下の子は家から出されたこともないし、気づいたらいなくなってたという事もありませんでした。もちろん、上の子が下の子を見ててくれたというのは、大きいわけですけど。

でも思い出してみると、僕の弟もわりと無茶をしてたハズなのですが、不思議と家から追い出されたことは無かったような・・・。

そういうものなんですかねぇ?

なんにせよ子育てというのは、いろいろと頭にくることも多いしストレスもあるわけですが、いかなる理由があろうとも、小さい子供から目を離すのだけはゼッタイにダメ! というお話でした。

スポンサーリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサーリンク