スポンサードリンク

Skitchの代替にMonosnapを使ってみた

EvernoteからSkitchのMac版以外の開発&提供を終了すると発表されからというもの、念のためにインストーラーを確保しつつも代わりのツールを探していたんです。

なかなかいいツールに出会えなかったのですが、ようやくMonosnapというツールに巡り会うことができました。

というわけで、さっそく使ってみました。

最初のダウンロードからインストールまでは割愛させていただくとして、Monosnapが起動すると画面右下にアイコン(dropzone)が表示されるようになります。

このアイコンをクリックして作業開始です。

残念ながらメニュー等の表示が日本に対応していませんが、このくらいの英語なら何とかなりそうですし、日本語を入力するぶんには問題なく動いてくれました。

さて、僕の場合は既にファイルになった画像を扱うので、[Open Image...]を選択して画像を開きます。もちろん画面のキャプチャーをしてからの作業も可能です。

メニューはウィンドウ下側にアイコンとして表示されます。まぁ、Skitchを使ってこられた方なら特に問題なく使えるんじゃないでしょうか?

分かりにくいところがあるとすれば、水滴のアイコンがモザイクだという事くらいかな。

あと面白いのが、矢印と文字がセットになったオブジェクトがあるんですよね。これが矢印を移動させるとテキストも一緒に移動してくれてちょっと楽ができます。

それからオブジェクトのリサイズについてなのですが、オブジェクトを直接引っ張るのではなくて、オブジェクトを選択しておいてから、メニューのスライダーで大きさを調節します。

そこのところが分からなくて、文字の大きさを変えるのに手間取ってしまいました(^_^;)。

画像の保存については、ウィンドウ右下の[Save]をクリックして保存します。なお、保存できる画像形式は、PNGとJPGの2種類となっています。

まだちょっと触っただけではありますが、なかなかいい感じです。

他にも[Alt]を押しながら四角を選択するとハイライトになったり、[Ctrl]を押しながら四角を選択すると塗りつぶされたりとか、いろいろ出来るみたいなので、これからじっくり弄ってみようと思います。

参照リンク
 ・Monosnap - Free Screenshot Tool
 ・画像に矢印とか説明とか入れるアプリ、Monosnapの使い方その1 | いち歩
 ・画像に矢印とか説明を入れるアプリ、Monosnapの使い方その2 | いち歩
 ・超お手軽な画像加工フリーソフト『Monosnap』が便利すぎる - ポジ熊の人生記

スポンサードリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク