スポンサードリンク

みうらじゅんの『「ない仕事」の作り方』

みうらじゅんというと、サブカルの人であり、怪しげなモノを見つけて来ては、いつの間にか商売にしてる人。というイメージが僕の中にハッキリとあったわけですよ。

その怪しげな人がビジネスの本を出版したという話を耳にしたので、とにかく入手してきました。

いや~、しかしこの仕事術、ちょっと凄いわ!

なんてたって今までに無かったネタを仕事にしちゃうわけですから、目のつけ方とか、ネーミングのしかた、売り込み方から、はては世間に広める方法までが実例を伴って紹介されています。

しかもそれを全部一人でやっているわけですから、“作り方”以前にそのバイタリティに頭が下がります。つか、仕掛けを仕込んでる間も通常の仕事をこなしてるわけでしょ。うひゃ~!

ご本人は「一人電通」と表現されていますが、企画から営業から接待まで、たしかにこれだけやれば仕事が取れそうだと、納得することしきりです。

本書の中にも書いてありますが、実際「そりゃ、みうらさんだからできるんで・・・」と言いたくもなります。でもそれではちょっと勿体無い。

というよりも、この「何かをとにかく集める」というところだけ取り出してみても、ブログのネタ作りとして非常に参考になるわけですよ。

今まで誰も見向きもしなかったモノでも大量に集めるとスゲー!ってなる。というのは既に本書で証明されているわけですし。

そういう視点で見なおしてみると、めっちゃブロガー向けなビジネス書じゃないですか? これは。

ところで本書を購入するに辺り、ちょっとしたドタバタがありました。

僕は新書だろうと思い込んで出かけたのですが、書店の棚で見つけられませんでした。勢い余って店内でAmazonを検索(本屋さんごめんなさい)。普通のソフトカバーじゃないですか!

これはアカン。と思い、店員さんを捕まえて探してもらうことにしました。

在庫検索機のあるお店だったので店員さん、検索したかと思うとサブカルの棚の方へ・・・。えぇ!? ビジネス書の棚じゃないんですか!?

と思っていたら、無事に本書を手にした店員さんが戻ってこられました。

流石はサブカルのみうらじゅん。侮れないなぁ。

(文中敬称略)

「ない仕事」の作り方
みうら じゅん
文藝春秋

スポンサードリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク