スポンサードリンク

setTimeoutはこれだけ覚えておけばOK

久しぶりに javascript のコードを書いてて、setTimeout を使おうと思ったらすっかり忘れてたので自分用にメモメモです φ(..)。

文法

Webを検索してみると使い方がいろいろヒットするわけですが、結局のところ

setTimeout(function(){ 実行したい処理 }, 待機時間);
 

という書式だけ覚えておけばOKなんですよね。ちなみに待機時間はミリ秒で指定します。1秒だと 1000 を指定することになるわけです。

実際に使う場合は、

setTimeout(function(){ alert("Timeouted!"); }, 1000);
 

みたいに使います。

注意点

で、注意しないといけないのは、setTimeout は処理を指定時間止めて待つわけではない。という事です。

イメージ的には、“指定秒後に実行する” というイベントを作って、そこに処理を登録すると考えればいいかと思います。

似たようなパターンとしては、onLoad イベントに処理を登録しておくと、ページのロードが終わったところで登録されている処理が実行される場合が近いかと思います。

ですので、

alert("hoge");
setTimeout(function(){ alert("fuga"); }, 1000);
alert("piyo");
 

という処理の場合、まず "hoge" のダイアログが表示され、次に "piyo" のダイアログが表示され、最後に "fuga" のダイアログが表示されます。

参照リンク
 ・JavaScript を学ぶ際に一番重要なのに、誤解されがちな setTimeout 系の概念 - IT戦記

スポンサードリンク
コメント

暫く使って無い言語の関数は忘れてしまいますね。
同様の動きをする関数でも言語によって引数の順番違ってたりするし。
私はもう忘れること前提で、関数リファレンス命ですw

コメントありがとうございます。

ほんとに暫く使ってないと忘れますよね(苦笑)。
僕の場合、まだ使ってる言語の数が少ないのでWebで検索で何とかなってますけど・・・。

やっぱり最後に頼るのは僕も関数リファレンスですね。

Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01310f1f31c0970c01a3fd1b349a970b

このページへのトラックバック一覧 setTimeoutはこれだけ覚えておけばOK:


プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク