スポンサードリンク

« March 2012 | Main | May 2012 »

37 posts from April 2012

04/30/2012

2012年のクールビズは5月1日から

会社に行ったら、「クールビズ実施のおしらせ」 という回覧が回ってきてました。

 もうそういう話が出てくる時期かぁ。と思ったら、実施期間は 5月1日~10月31日 となっていました。早ッ!

 とはいえ、名古屋でも4月下旬にして、気温が25℃を超える日が既に何日かあったので、早く始まってくれる分には有難く思います。

 服装の規定に関しては、おおよそ去年の 「スーパークールビズ」 と同様なんですが、なぜか 「スーパー」 が付いてないんですよね。ということは、このレベルがデフォルトになったんでしょうか?

 ちなみに、去年の5月下旬に書いた記事から服装についての記述を引っ張ってくると、去年は以下のような感じだったようです。

服装 2010年以前のクールビズ  2011年のスーパークールビズ 
ポロシャツ×
アロハシャツ×
Tシャツ×
ランニングシャツ××
ジーンズ×
短パン××
スニーカー×
サンダル×
 ○:可 △:節度があれば可 ×:不可

 しかしねぇ、1年の半分がクールビズ期間になろうとは・・・。年々、春と秋が短くなっているという事なんでしょうかねぇ。

04/29/2012

「カップヌードル シーフードヌードル キング」 を食べてみた

 コンビニで 「カップヌードル シーフードヌードル キング」 を見付けたので、つい買ってきちゃいました。いや~、棚に並んでいるとあからさまに大きくて目立つんですよ。

 気になる麺の量ですが、通常サイズの 60g に対して 105g と4割り増しのボリュームとなっています。また、使うお湯の量も 510ml と、ペットボトル約1本分が必要とのことです。

 でも待ち時間は他のサイズと同じで3分なんですよね。デカイと時間も長くなるような気がしてたんですが、そんな事は無かったです。

 さて、お味の方なんですが、これが拍子抜けするほど 「シーフードヌードル」 そのものだったんですよ(当たり前です)。いや~、もうちょっと KING ならではの何かあるんじゃないかと期待してたんですけどねぇ。残念。

 でも量的には流石の KING サイズです。これ1つでお腹いっぱいになっちゃいました。つか、スープまで飲み干すのはちょっとキツかったです。

ごちそうさまでした。

参考リンク
 ・カップヌードルシーフードヌードル キング|製品情報|日清食品
 ・カップヌードル シーフードヌードル ビッグ|製品情報|日清食品
 ・カップヌードル シーフードヌードル|製品情報|日清食品
 ・通常の1.7倍のボリューム、日清「シーフードヌードル キング」試食レビュー - GIGAZINE

04/28/2012

5インチベイにHDDを取り付けるためのアダプターを探してみた

AINEX 2.5または3.5インチ型SSD/HDDを5インチベイに固定するためのマウンタ 防振タイプ AK-HDA-01

 PC に HDD を増設しようとしたけれど、「5インチベイしか空いてない!」 という時のために、3.5インチの HDD を 5インチベイに取り付けるためのアダプタを探してみました。

 とは言っても、ちょっと Amazon で “5インチベイ” で検索してみただけなんですけどね。

 でも、レビューを読む限りでは、どれも “ちょっとビミョー” っぽい製品ばかりのような・・・(苦笑)。

 もっとも、こういう製品を欲しがる人って、「微妙な不具合は自力で何とかしちゃうよ!」 って人ばかりでしょうから、あまり問題でもないのかも知れませんけど。

 素材としては大きく分けて、金属製の物とプラスチック製の物があるようです。個人的には、プラスチック製だとネジを締める時に割れると嫌なので、ここは金属製の物を選びたいところ。

 また、構造的には一体型(シャシー型?)の物と HDD を左右から挟み込むタイプに分かれるようです。まぁ、これは好みの問題だとは思うのですが、な~んとなく一体型の方が安心感(安定感)があるような気がします。

04/27/2012

写真屋さんが閉まってた

 久しぶりに近所の写真屋さんの前を通りかかったら、店を閉めておられました。看板が外されてたところを見ると、どうやら閉店された様子です。

 もともとフイルムの販売と写真の現像をメインに商売をされていたお店で、デジカメの時代になってもデータのプリントアウトに対応したりとか、最近まで頑張っておられたのですが・・・。

これも時代なんでしょうねぇ。

04/26/2012

Windows 7 でファイル(拡張子)の関連付けを変更したい

 Windows 7 で、ファイル(拡張子)とアプリケーションの関連づけの変更する手順の覚え書きです。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を開きます。
  2. [コントロールパネル] 内の [規定のプログラム] を開きます。
  3. [ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け] を開きます。
  4. 一覧から設定を変更したいファイル(拡張子)を選択し、[プログラム変更] をクリックします。
  5. [ファイルを開くプログラムの選択] ウィンドウの [参照] ボタンをクリックします。
  6. エクスプローラーが開くので、希望のプログラム(exeファイルなど)を選択して [開く] ボタンをクリックします。
  7. 最後に [ファイルを開くプログラムの選択] ウィンドウの [OK] ボタンをクリックします。

以上で設定の変更が完了します。

参照リンク
 ・Yakushima-Tonbo - Windows7での関連付け

04/25/2012

2012年5月21日の日食は午前7時30分頃

 ネタ的にはタイトルが全てなわけでして、単に自分用のメモです。

 幸運にも名古屋では金環食が見られるようで、非常にラッキーだったりします。これは外せませんよ。

 時間的にはもうちょっと遅い時間(お昼過ぎとか)だろうと思ってたんですが、調べてみるとけっこう早い時間なんですねぇ。

 小学校とか、みんなで空を見上げたら楽しいだろうなぁ。と思ってたのに、学校が始まる前に終わってるじゃないですか。残念。

まぁ、それはともかく、観察用の遮光プレートを忘れずに確保しておかなくちゃ。

参照リンク
 ・金環日食2012 - ウェザーニュース

04/24/2012

マウスポインタをピクピク動かすだけのツール 「Mouse Jiggler」

 MOONGIFT紹介されていた、「Mouse Jiggler」 というツールがちょっとツボにハマったので。

 このツール、何をするかというと、「小刻みにマウスポインタを動かすだけ!」 なんですよ。

 アプリを起動させると小さなウィンドウ開くので、'Enable jiggle?' のチェックボックスにチェックを入れて暫く待つと、マウスポインタがピクピクと前後に動き始めます。

 さらに 'Zen jiggle?' にチェックを入れるとマウスは動かなくなるのですが、内部的にはマウスが動いていることになっているんだそうです。

 用途としては、不意のスクリーンセーバーの起動とか節電モードへの移行を防止するためのツールなんだそうですが、このピクピクと動くマウスポインタを見てると、なぜか癒されるんですよねぇ・・・。疲れてるのかなぁ?>自分(苦笑)。

参照リンク
 ・Mouse Jiggler
 ・アイディアの勝利。マウスを小刻みに動かすだけのソフトウェア「Mouse Jiggler」 - MOONGIFT|オープンソース・ソフトウェア紹介を軸としたITエンジニア、Webデザイナー向けブログ

防湿・防雨・密閉形器具対応のLED電球だそうです

 パナソニックから、防湿・防雨照明器具に使用できる LED電球が発売になったそうです。

 防湿・防雨ってどこで使うの? と思ったら、「浴室での使用を想定している」 んだそうです。また、密閉形器具にも対応しているとの事です。

 そう言われてみると、今まで電球の防湿について考えた事なんてありませんでした。

 でも、よくよく考えてみると、電気が流れているわけですからねぇ。湿気が入ってきたのが原因で、どこかがショートしたらと思うと、今さらですがちょ~っと怖かったりして(苦笑)。

 もっとも、白熱電球にしても電球型蛍光灯にしても、その辺はちゃんと考えて作られているとは思いますけど。

 しかし、こうやって 「防湿・防雨」 と明確に謳ってあれば、浴室や屋外の照明機器に使うにしても、より安心ですよね。

参照リンク
 ・パナソニック、浴室で使える防湿・防雨器具対応のLED電球 - 家電Watch

「パナソニック 防湿・防雨器具対応LED電球 LDA9LHW」を楽天で見る。

04/23/2012

スマホ用のタッチペンが太いわけ

プリンストンテクノロジー iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペン (ブラック) PIP-TP2B

 実は前々から気にはなってたんですよ。スマートフォン用のタッチペンって、何で先が太いペンばかりなんだろう? って。

 その謎が日経トレンディネット記事を読んで、ようやく解けました。記事によると、静電式のタッチパネルは、ある程度の面積のあるもので触れないと、正しく感知されないんだそうです。知りませんでした。

 もっと先の細いペンの方が使いやすいハズなのに、何で? と思ってたんですが、そういう仕様(仕組み?)だったんですねぇ。そういう事なら、仕方ないか。

参照リンク
 ・最新スマホでペン操作が復活、「デジタルとアナログの融合」がもたらす価値 - デジタル - 日経トレンディネット

【関連エントリー】
 ・ペン先の直径が 4mm のスマホ用タッチペン 「プリンストン Active Stylus Pen PSA-TPA1」 が気になる

ユーザーは [OK] と書いてあるボタンをクリックする

 高橋 忍のブログの 「人のキモチとDialog」 というエントリーを読んで。

 内容としては、以下のようなダイアログを表示する場合に、デフォルトのボタンは [OK] と [キャンセル] のどちらにすべきか? について述べられています。

JavaScript confirm

 でもね、これってキーボードをメインに使うユーザーで、なおかつシステムというものにそれなりに詳しい人向けには有効だけど、一般のエンドユーザーには、拘ってもあまり意味がないんじゃないかな? と思うんです。

 だって、そもそもどちらのボタンにフォーカスが当たっているかなんか見てないし、マウス操作がメインですから、いきなり押したいボタンをクリックするんですよね。

 しかもほとんどの場合、ダイアログの内容なんか読まれてなくて、いきなり [OK] ボタンが押されるというね・・・。システムを設計した側からすると、「何のためにダイアログが出てるか考えてよ」 状態だったりするわけですよ。

 いや、ホントに。どうして何も読まずに [OK] ボタンをクリックできるのか疑問なんですが、経験的にはそうなんですよね。

 てなわけで、こういう細かい気遣いも大事ではあるのですが、そもそもこういった確認ダイアログを必要としないシステムに作り上げる事の方がユーザーのためだったりするんじゃね? というのが、僕の考えだったりします。

参照リンク
 ・人のキモチとDialog - 高橋 忍のブログ - Site Home - MSDN Blogs

スポンサードリンク

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER


  • このブログのはてなブックマーク数

    track feed
    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク