スポンサードリンク

killコマンドにオプションが指定できるのをすっかり忘れてました

 久しぶりに Linuxで killコマンドを使う機会があったんですが、「kill してもプロセスが死なね~!!」 となってたら、

オプション指定しろや!ゴラァ!!

と、隣から突っ込みが入ったので、調べた結果をメモメモです。

 そういえば、killコマンドにオプションがあるって話は聞いたことあった気がするんですが、「killって、強制終了でしょ」 と思い込んでたので、オプションの存在をすっかり忘れていました・・・orz

 よく使うオプション(シグナル)としては、こんなものでしょうか。

番号シグナル説明
1HUP終了後再起動
2INTユーザーからの強制終了命令(Ctrl+Cキーと同じ)
3QUIT端末からの終了命令(Ctrl+\キーと同じ)
9KILLプロセスの強制終了
15TERM正常な終了動作を行わせて安全に終了

一応コマンドの構文としては

kill [オプション] プロセスID

ということで、具体的には

kill -HUP 12345

とか

kill -9 12345

みたいな感じで使います。

参照リンク
 ・UNIXコマンド [kill]

スポンサードリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿
トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01310f1f31c0970c0147e16038c9970b

このページへのトラックバック一覧 killコマンドにオプションが指定できるのをすっかり忘れてました:


プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER


  • このブログのはてなブックマーク数

    track feed
    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク