スポンサードリンク

「スカイ・クロラ」 作家性は滲み出てしまうモノのようです

スカイ・クロラ [DVD]

 森 博嗣原作の押井監督作品、「スカイ・クロラ」をカミさんが借りてきてくれたので、観てみました。

 物語としては、空軍(?)基地を舞台にした人間模様で、かな~りSFチックです。でも、出てくる飛行機はレシプロ機ばかりなんですよねぇ。このギャップ感は独特です。

 端的な感想としては「結局、男は身勝手なのね」といったところでしょうか。これ以上何か書くとネタバレになりそうなので止めておきます。

 見所はやはり戦闘機VS戦闘機のドッグファイトですね。しかも、このドッグファイトのCGを制作したのはナムコ(死んでもバンダイナムコとは言わないぞ!笑)でエースコンバットってゲームを作ってるチームなんですよ。

エースコンバット6 解放への戦火 Xbox 360 プラチナコレクション

 これが流石というか何というか、もうすごいんですわ。だてに十何年もゲーム機の中で飛行機を飛ばしてきたわけじゃないんですねぇ。

 実は以前に「戦闘妖精 雪風」(アニメ)を観たことがあるんですが、飛行機の飛ぶシーンがあまりにアレだったので「ナムコに作らせろ~!」と心の中で叫んだものです。でも、こうやって実際にナムコのチームが作ったシーンを観ると・・・期待以上でしたね。

 あぁ、それから、今回の作品を作るにあたり、押井監督はこれまで使ってきた演出手法のほとんどを封印して挑んだんだそうです。でも、できあがってきたモノを観ると・・・、やっぱり押井色が強いんですな。これが。

 文章書きの方の場合だと、「クセを出さないように書いても作者がバレちゃう」ってことがあるそうですが、映像監督も同じようなものなんですかねぇ?

 そう言えば、「マイノリティ・リポート」を予備知識なしで観てて「えらくディック臭いな~」と思ったら、本当に原作が フィリップ・K・ディック だったってこともあったし・・・。いろいろあるようです。

 

「スカイ・クロラ (DVD)」の詳細をAmazonで確認。
「エースコンバット6 解放への戦火 Xbox 360 プラチナコレクション」の詳細をAmazonで確認。
「マイノリティ・リポート (DVD)」の詳細をAmazonで確認。

スポンサードリンク
コメント
Verify your Comment
Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

コメントを投稿

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク