スポンサードリンク

« December 2008 | Main | February 2009 »

31 posts from January 2009

01/30/2009

名古屋市長選をまえに、民主党が楽しすぎる件

この国は議員にいくら使うのか―高給優遇、特権多数にして「非常勤」の不思議 (角川SSC新書)

 すべては河村たかし衆議院議員が、今年4月に行われる名古屋市長選に出馬を表明したことが始まりでした。

 まぁ、普通なら河村氏が民主党公認を得て・・・。と言う流れなんでしょうけど、この人、普段から「自分が市長になったら、市議会議員の報酬を下げる!」と公言してるんですよね。

 なもんで、市議会議員側が猛反発。結局、民主党愛知県連は別の候補者を推薦候補に決定したのでありました。これが1月21日のこと。

 ちなみに、河村氏の著書「この国は議員にいくら使うのか」によると、名古屋市議会議員の年間報酬は2300万円だそうで、対して議会や委員会が開かれるのは年間80日程度だとか。これを日給に換算すると約29万円になるんだそうです。

 個人的には「半額に減らしても、十分な金額じゃね?」とは思いますけど。

 で、これまた普通に考えると、党の公認が得られなかった河村氏は出馬を断念。となるんですが、さにあらず。本人、あくまでやる気の様子であります。

 しかも、党内には「河村氏が立候補した場合、公認候補で勝てるのか?」という声もあるんだとか。それだけ名古屋における河村氏の人気は高いのであります。

 まぁ、このまま愛知県連あたりとグダグダしながら、河村氏は立候補するんだろうな~。と思ってたんですが、1月29日になって、「降りてくれないか」と河村氏に対し、鳩山幹事長が不出馬要請をしたとか。もちろん河村氏は突っぱねたようですが。

 つか、ここで鳩山氏が出てくるの?そうなの?ふ~ん。

 と思ってたら、実は小沢代表が先に河村氏を呼び出してて、「地元の市議、県議、連合をしっかり回れ」と言ったとか、言わなかったとか。

 現在、この小沢氏の発言の真偽と真意を巡って、民主党員は右往左往しているらしいんですよ。ホント、ご苦労様です。

 しかし、相変わらずと言うか、トップの足並みが揃ってないですねぇ(笑)。いずれは政権を取ろうかってのに、大丈夫かしら?

 まぁ、それは置いといても、党首選にすら出れない(推薦人を20人集められない)河村氏1人に、これだけ振り回されるとは・・・。ちょっと民主党から目が離せませんね。

ガンバレ!河村たかし!!

参照リンク
 ・民主・河村たかし衆院議員、名古屋市長選出馬を表明 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 ・J-CASTニュース : 市長と市議報酬大幅カットが公約?河村氏名古屋市長選に出馬意向
 ・中日新聞:河村氏、鳩山氏の説得を拒否 名古屋市長選めぐり小沢氏とも会談:政治(CHUNICHI Web)
 ・asahi.com:河村氏に不出馬要請-マイタウン愛知

01/29/2009

2回目の収穫 「もりのしいたけ農園」

 前回の収穫から約2週間が経ちまして、またまたシイタケの収穫の時期がやってきました。

 さすがに前回のようにムクムクとは生えませんでしたが、それでも5本が食用に耐えうるまでに育ってくれました。ありがたや。

 しかも、大きさだけなら前回を上回るサイズのモノもあり、これはこれでチョット嬉しかったりして。

 カミさんとは「今回はどうやって食べようか?」と話してたんですが、娘の「焼かないの~?」の一言で、あえなく「超スーパー美味いシイタケの食べ方」へ直行とあいなりました。

 まぁ、確かにあれが一番美味しいとは思うけど・・・。そんなに美味しかったかい?>娘。

 さて、「もりのしいたけ農園」本体(?)の方はこれから3回目の収穫を目指すわけですが、カミさんが

1回収穫したら、1昼夜水を吸わせた方がいいらしいって

とWebで情報を見つけてくれたので、そうすることにしました。今回、シイタケの出が悪かったのも水分不足かもしれないし。

 で、バケツに水を張って本体を入れてみたら、まぁ、発泡スチロールのように浮くんですよ。こりゃ、ホントに水分無いわ。

 仕方がないので2Lのペットボトルに水を入れたのを上に乗せて、ようやく沈んでくれました。

明日、引き上げたら、栽培再開です。

参照リンク
 ・超スーパー美味いシイタケの食べ方:小鳥ピヨピヨ(a cheeping little bird)
 ・知らないことがあってもへっちゃらさ: 「超スーパー美味いシイタケの食べ方」を試してみたよ

WILLCOM03 のエディタを jot に乗り換えました

WILLCOM 03 Style Book

 この度、WILLCOM03 で使っているテキストエディタを「WILLCOM03 Style Book」で紹介されていた jot というエディタに乗り換えました。

 この jot、何がいいかって、半角スペース、全角スペース、改行、タブといった特殊文字も表示してくれるんですよ。

 やっぱりねぇ、プログラマとしては空白に見える場所に何の文字が入っているかが分からないと不安なんですよ。

 もちろん複数の文字コードへも対応もバッチリです。しかも UTF-8 と UTF-16 については BOM の有り/無しにも対応(jot でファイルを作った場合は BOM無しになります)してるという。

 改行コードについても CRLF、LF、CR を自動判別し、かつ指定して保存が可能です。

 おまけに、検索置換機能まであって、なおかつ正規表現が使えるっていうじゃないですか。

 Windows Mobile用で、ここまで使えるテキストエディタがあったとは。 もう、ビックリです。開発者様に感謝であります。

参照リンク
 ・アドエス小物日記: jot (WindowsMobile用テキストエディタ)

01/26/2009

話すだけじゃなく聞いてもらうための 「伝達力」

伝達力 話すプロの「伝わる技術」

 副題に「話すプロの」な~ん書いてあるので、まるまる1冊「話し方」の本かと思ったんですが、もっと包括的な内容でした。

 言うなれば、「自分が言いたいコトを話してるだけじゃ伝わりませんよ」という話です。

 例えば、誰だって何処の馬の骨とも分からない人の話なんか、真剣には聞きませんよね。じゃぁ、まずは「相手に自分が役に立つ存在であると思ってもらう」ようになりましょう。もしくは、「味方と思ってもらえるようになりましょう」というわけです。

 言ってみれば、カミさんは僕の話をよく聞いてくれるけど、社長は僕の話を真剣には聞いてくれない。ようなものです。

 それから「相手に合わせて話す」これも大事。だってウチのカミさんに「CGIってのは、まぁ、プログラム言語は何でもいいんだけど、ウェブブラウザーからのリクエストが該当のウェブサーバーを経由してプログラムを起動するんだ。それから・・・」な~んて話しても理解してもらえませんからねぇ。

 また、「相手がちゃんと話の内容を理解しているか把握する」事も忘れちゃいけません。言われてみると、僕も話について行けなくなったところから先は、聞いてても上の空ですから。

 もちろん、話す内容も大事ですが、それもこういった準備や気遣いがあってこそ伝わるんだなぁ。と、かなり目から鱗でした。

 

「伝達力」の詳細をAmazonで確認。

01/25/2009

MySQL への接続負荷をチューニングしよう

実践ハイパフォーマンスMySQL

 普段からWebサービスのバックエンドには MySQL を使用しているんですが、実はパラメータをいじってのパフォーマンスチューニングってしたことがなかったんですよ。

 理由は

 ・ パフォーマンスチューニングはインデックスとSQLの最適化で行うべきだと思っている。
 ・ MySQL は何もしなくても、それなりのパフォーマンスを発揮してくれるので、必要と感じなかった。

からなんですね。特に毎秒リクエストがあるようなDB(Webサービス)でもないので、それで十分だと思ってたんですよ。

 でも、「コンマ何秒かでも早くしたい」って時がありますよね。そうなると気になるのがCGIプログラムからDBへの接続の負荷(オーバーヘッド)です。「DBMSを使う場合の最大の負荷は接続である」なんて話を読んだこともあるし。

 で、「接続の負荷を減らす」と言えばコネクションプーリングでしょう。なんせ、接続を維持したまま使い回すので、理論上接続時の負荷は無くなるはずです。

 でも、リクエスト毎にプロセスの起動・終了を繰り返すCGIでは、ちょっとムリ。CGIとDBの間を仲介するサービス(デーモン)を置くしかないよなぁ。誰か書いてないかなぁ。と探してたんですね。

 ところが、MySQL の場合、パラメータの設定を変更することで、「接続に必要なオーバーヘッドをアプリケーション全体から見て無視できるくらいに小さくできる」って情報があるじゃないですか。

 と、いうわけで早速試してみました。作業は my.cnf の [mysqld] の部分に、max_connections と thread_cache の値を設定してやるだけです。

 ちなみにウチのサーバーの my.cnf には、max_connections の記述はなく、thread_cache には8が設定されていました(後で確認したんですが max_connections のデフォルト値は 100 のようです)。

 で、とりあえず my.cnf  の設定を以下のように追加・修正しました。

[mysqld]
max_connections=100
thread_cache=100

そして、おもむろに MySQL を再起動。結果は・・・心なしか早くなったような気がします(ちゃんとベンチマーク取れよ>自分)。

参照リンク
 ・[ThinkIT] 第3回:max_connectionsとthread_cacheのチューニングを行う (1/3)
 ・コネクションプーリングの話 - naoyaのはてなダイアリー

私、勘違いしてました 「プロカウンセラーの聞く技術」

プロカウンセラーの聞く技術

 すみません。私、カウンセラーのお仕事を勘違いしておりました。

 もちろん、「相手の話を聞いて、不安を取り除いたりするのが仕事」くらいの知識は持ってました。でも、少しはカウンセラー側からのアプローチ(ask)もあるのかと思ってたんですよ。

 でも、ホントに聞くだけなんですね。相手が沈黙すれば、相手が話し出すまで待つ。相手の話す時間を取らない。聞かれたことしか話さない。聞き出そうとしない。等々・・・。

 もう、ひたすら聞くだけ。

 しかも、毎日8時間以上人の話を聞くわけですから、一般に言う「話を聞く技術」とはちょっと中身が違います。つか、かなり違うかも。

 また、聞く内容も「愚痴」というか「本人には直接言えないけど、我慢できないこと」とか「社会(会社)に対する不満」とかなんですよね。なるほど、企業がカウンセラーを雇用するのも分かる気がします。

 そう言えばカミさんも「愚痴なんだから、聞いてくれればそれでいいの!」とか言ってたっけ。そういう時って別にアドバイスを求めてるわけじゃ無いんですね。でも理系の人はつい「相談されてるんだ。アドバイスしなくちゃ」と勘違いしちゃうんですよ。反省、反省。

 

「プロカウンセラーの聞く技術」の詳細をAmazonで確認。

漁も業務です

 近所においしいたこ焼き屋さんがあるんですが、先日、前を通りかかったら、シャッターがおりてて

[蛸を捕りに行っています]

という札が下がっていました。

 「休みの日のことを上手いこと表現するなぁ」と感心していたんですが、また別の日に前を通りかかると、やっぱりシャッターがおりてたんです。でも、今度は

[定休日]

の札がかかってたんですよ。

 えっ?なに?どういう事?ホントに蛸を捕りに行ってるの?それとも「本日、都合によりお休みします」が「蛸漁」になってるの?

 家に帰って家族に聞くと、そのお店、けっこうな頻度で「蛸漁」に行ってるみたいなんですよね。それこそ毎週みたいな感じで。

 じゃぁ、やっぱりあの店のたこ焼きに入ってる蛸は、店のオヤジが捕ってきた蛸なんだろうか・・・ナゾです。

01/24/2009

正しく伝えたいから 「『「分かりやすい表現』の技術」

「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール (ブルーバックス)

 世の中、けっこう分かりにくい表現って多いですよね。道路標識や案内板、家電製品のマニュアル、新製品のパンフレットにプレゼンの資料・・・。

 せっかく何かを伝えようとしているのに、分かりにくければ伝わらないばかりか、いたずらに利用者を混乱させてしまいます。

というわけで、「『分かりやすい表現』の技術」であります。

 本書では、その「分かりやすい表現」をするための16ルールが示されているわけですが、けっきょく大事なのは「おもてなしの心」ですよね。

 「コレを見た人に、ちゃんと伝わるだろうか?」と思うからこそ、「大前提の説明もれ」や「複数解釈ができること」などにも気付けると思うんですよ。

 また、迷惑するのは必ずしもユーザーだけとは限りませんよね。分かりにくい資料を作ったがために、資料に書いてある事を再度説明しなくてはならなくなったり、後から問い合わせが来たりとか、無駄なコストを支払うはめにならないとも限りません。

 つまり、「分かりやすい」ということは、情報の発信者も受信者も、共にハッピーにしてくれるわけです。

 まさに、ちょっとの手間で大きな違い。と言えるでしょう。僕も精進せねば。

 

「『分かりやすい表現』の技術」の詳細をAmazonで確認。

小心者は小心者らしく 「小心者の技術」

小心者の技術―態度のデカいヤツに負けない方法

 往々にして、自称「小心者」は何事においても「自分はダメだぁ~」と思いがちです。でも、落ち込んでばかりでも仕方がないので、その「小心」な性格を上手く逆手に取ってやりましょう。という、お話。

 なにせ、著者曰く「小心は一生直らない」のだそうで、それなら上手く付き合えた方がいいに決まってます。

 なお、小心者の特徴は

 ・ すぐ不安を感じる。
 ・ くよくよ悩む。
 ・ 人からどう思われているかを非常に気にする。

だそうです。また、

 ・ 極端に失敗を恐れる。
 ・ 劣等感が強い(もしくは、志が高い)。
 ・ ちょっと自意識過剰ぎみ。

とも言えるとか。

 だからこそ小心者は、不安をピンチの予感ととらえて、不安が無くなるように準備しましょう。くよくよ悩んだら、反省点をふまえて前進しましょう。自分がどう思われているかが気になれば、好意を持ってもらえるように努力できます。というわけです。

 まぁ、個人的な感覚ですけど小心者って、ちょっと(かなり?)自意識過剰なんですよね。自分がそうそう「大したヤツじゃない」ことを知れば、けっこう気楽になれるんですけどねぇ。

 例えば「自分が思っているほど、周囲は自分に期待していない」とか「自分が思っているほど、周囲は自分を気にかけていない」とか「自分が思っているほど、周囲は自分を重要と思っていない」とか・・・。

それに気付くのにン十年かかったって話は、ないしょですけど。

 たとえ失敗しても、その失敗はたぶん誰も気にしないからガンガン失敗しましょう。強い劣等感はバネにしましょう。自意識過剰は・・・、ここまで来れば、もう大丈夫。

 その他、本書では「面接」、「会議」、「プレゼン」、「スピーチ」等、状況に合わせて小心者がそれらを切り抜けるための術が紹介されています。ついでに「恋愛術」も。

あと必要なのは、行動するためのちょっとした勇気かな?

 

「小心者の技術」の詳細をAmazonで確認。

01/22/2009

サービスが終了する時

 「年が変わって、良いタイミング」というのはあるんでしょうけど、Webサービス終了の案内が色々と発表されています。

 Google からは「Google Video」、「Google Notebook」、「Google Catalog Search」、「Jaiku」、「Dodgeball」、「Mashup Editor」の6サービスの終了が発表されましたし、Yahoo! からは「Yahoo!ビデオキャスト」の終了がアナウンスされました。

 振り返ると、昨年は Google の「Lively」が12月末で終了し、はてなでは「はてなマップ」と「はてなリング」と「Rimo」が3月と4月と8月に終了しています。

 各企業の様々な思惑があってサービスが開始され、また、終了していくわけですが、つくづく「サービスを終わらせるのは難しいんだろうなぁ」と思いますね。

 そりゃ、「ユーザーが1人もいなくなったので終わります」なら、それなりに楽なんですが、代替サービスを案内したり、ユーザーからに問い合わせに答えたり・・・。預かっているデータや個人情報なんかの取り扱いについてもハッキリさせなきゃいけないし・・・。

 該当サービスを利用しているユーザーにとっては、サービスが終了するだけでも提供企業に対するイメージがマイナスするってのに、下手な終わり方でもしようものなら、企業に対するマイナスイメージが2倍、3倍になりかねないですからねぇ。

 一度始めたサービスなんだから、可能な限り継続するのが企業のつとめじゃないのか?と、思う一方で、収益に貢献する見込みがないから終了させる。というのも、立派な経営判断だと思うんですよ。

う~ん、複雑な気分です。

それでも、何かが終わる。というのは、さみしいものでありますな。

参照リンク
 ・Google、Google VideoのアップロードやJaikuなど6サービスを終了 - ITmedia News
 ・Yahoo!ビデオキャストがサービス停止、利用者はzoomeとニコニコ動画へ - GIGAZINE

 ・Googleの仮想空間サービス「Lively」が12月末で終了
 ・はてなの動画サービス「Rimo」終了 「役割果たした」 - ITmedia News
 ・「はてなマップ」「はてなリング」終了、今後は主力・新規サービスに注力

スポンサードリンク

プロフィール


  • 書いてる人:夢界 陸

    名古屋在住のおっさん。
    プログラミングやガジェットの話など、 日々の興味を徒然と綴っています。



    Twitterやってます @mukairiku



    運営サイト
    www.mukairiku.net

アクセスランキング


ブログ内検索

Licenses

  • Creative Commons License

OTHER

  • このブログのはてなブックマーク数

    ブログパーツ
Blog powered by TypePad

スポンサードリンク